プリ小説

第8話

5
アンニョン。バンタンの天才シュガミダー。
はい。って事であなたの様子を見て、家(宿舎)に帰らせます。
ちょうどカムバの作詞のことで気になることがあるんで今から作業室に行きます。
ユンギ
ユンギ
じゃ、ヒョン行ってきます
ジン
ジン
よろしくね〜
連れて帰ってきてね!
オンマwww
ユンギ
ユンギ
はいはい
皆
行ってらっしゃい
はい。BIGHIT着きました。
あなたの部屋に突入します。


コンコン ノック音
ユンギ
ユンギ
おい。あなた


シーン
ユンギ
ユンギ
居ないのか?
入るぞ!


ガチャ 開けた音
ユンギ
ユンギ
は?
机の上で寝てる。
机の上散らかりまくってるし。
とりあえずヒョンにカトクだ。



カトク
ユンギ
ユンギ
ヒョン。あなた寝てます。
ジン
ジン
え?
どうしよっか
ユンギ
ユンギ
起こしましょうか
ジン
ジン
そうだね
カトク終了
ユンギ
ユンギ
おいあなた起きろ
貴方
貴方
ん。


は?
なんでいるの
ユンギ
ユンギ
ヒョンに見てこいって言われたんだよ
貴方
貴方
んあー。
御苦労
ユンギ
ユンギ
ん。
で、帰るぞ
貴方
貴方
は?
なんで?
ユンギ
ユンギ
ん?
あー、ヒョンに家に連れて帰ってきてって言われた。
全然ご飯食べないで、サプリメントとかでなんとかしてるだろうからって
貴方
貴方
あー、
やっぱりオッパにはかなわないわ。
わかった。帰る準備するからちょっと待って
ユンギ
ユンギ
ん。
あなた座ってたから分かんなかったけど、なんか痩せてるきがする
ユンギ
ユンギ
おいあなた今の体重何キロだ?
貴方
貴方
えーと、それは……
ユンギ
ユンギ
言え
貴方
貴方
42です。
ユンギ
ユンギ
は?
待てお前今何センチだっけ?
貴方
貴方
168です。
痩せすぎじゃない?
おかしいだろ。
ヒョンに連絡だ。
ユンギ
ユンギ
わかった。
早く帰ろう
貴方
貴方
うん。




カトク
ユンギ
ユンギ
ヒョンあなたやばいです
ジン
ジン
え?
何が
いやヒョン既読つくのはや
ユンギ
ユンギ
あなた痩せすぎです。
倒れます。
ジン
ジン
あなたの好きなもの沢山作っておく
ユンギ
ユンギ
お願いします
ジン
ジン
任せろ



カトク終了
貴方
貴方
ユンギ帰れる
ユンギ
ユンギ
帰ろ
貴方
貴方




家到着
ジン
ジン
あなたー!!
やっと会えたー
貴方
貴方
そんな会ってなかった?
ジン
ジン
5日も会ってないじゃん
ジミン
ジミン
ヒョンのシスコンブリがw
グク
グク
うわ、ヌナほんとに痩せてる
貴方
貴方
そんな変わんないよ
ユンギ
ユンギ
いや変わってんだろ
ジン
ジン
とにかくあなたの好きなものたくさん作ったから食べな
貴方
貴方
ありがと
ホソク
ホソク
ヌナ食べよ食べよ
ナムジュン
ナムジュン
さっきからホソクお腹なりまくってるしw
ジン
ジン
じゃ食べよ
皆
いただきます





その後あなたは一週間作業室に籠るの禁止になってましたよ。
自業自得だ。
パボあなた





NEXT

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

리사
리사
사랑해 お疲れ様 私の大親友さん 絶対見つけるよ