プリ小説

第109話

84
貴方
貴方
ユンギ
ユンギ
あなたッ
ジナ
ジナ
おんまぁ
貴方
貴方
病院?
グク
グク
ヌナ倒れたんですよ
貴方
貴方
ああそっか
ナムジュン
ナムジュン
なんでもっと早くに連絡しないんですか
ヒョンが言っていなかったら大変な事になっていましたよ
ホソク
ホソク
話の前に、とりあえずナースコールしなきゃ
ヌナ起きたから







3分後









カン ソンジュ
カン ソンジュ
失礼します
テテ
テテ
ヌナ起きました
カン ソンジュ
カン ソンジュ
良かったです
体調のほうはどうですか?
貴方
貴方
大丈夫です
カン ソンジュ
カン ソンジュ
じゃあ、酸素マスクは外していいです
貴方
貴方
あの、先生
カン ソンジュ
カン ソンジュ
はい。何でしょうか
貴方
貴方
余命宣告のほうは、どうなりました?
カン ソンジュ
カン ソンジュ
ええと、それは
ジン
ジン
伸びて1ヵ月だって
貴方
貴方
そっか
カン ソンジュ
カン ソンジュ
申し訳ないですが、今の状況的に考えるとこれ以上生きていることは不可能かと
貴方
貴方
大丈夫です
私の自業自得ですし、もう今の人生に満足しています
カン ソンジュ
カン ソンジュ
すいません
それと、もうミンさんには本格的に通院ではなくて、入院してもらったほうがいいと思います
貴方
貴方
わかりました
考えておきます
カン ソンジュ
カン ソンジュ
では、また何かありましたらナースコールをお願いします
貴方
貴方
はい
カン ソンジュ
カン ソンジュ
失礼いたしました



.



貴方
貴方
どうしようね
ユンギ
ユンギ
体調のほうは
貴方
貴方
今は大丈夫
ソユン
ソユン
オン二我慢しすぎるんだから、ちょっとでもつらくなったらすぐに言ってよ
貴方
貴方
はいはい
ジミン
ジミン
ヌナ入院するんですか
貴方
貴方
そろそろしないとだめだろうとは思っていたんだけど
いざ、そうなると  
グク
グク
3人の子供たちは...
貴方
貴方
それがね
どうしようかと
ホソク
ホソク
ユンギヒョンできないんですか
貴方
貴方
できなくないけど、なんかねぇ
ユンギ
ユンギ
なんだその目は
貴方
貴方
心配じゃない?
ナムジュン
ナムジュン
心配ですね
ソユン
ソユン
私も手伝うよ
オッパだけだとなんかやばそうだし
貴方
貴方
じゃあ、ソユンお願い
テテ
テテ
ユンギヒョン信用されてないㅋㅋ
貴方
貴方
いや信用はしているんだけどね
なんかね、心配なんだよね
ジン
ジン
まあ、皆で協力すればいいんじゃない
貴方
貴方
オッパ、お願いだから離乳食とかにおいしいからとか言って、ごま油ぶち込んだりしないでね
グク
グク
うわ、ヒョンならしそう
貴方
貴方
誰でもいいからそうなったら止めてね
ユンギ
ユンギ
ヒョンを離乳食に触らせなければ大丈夫
ジン
ジン
そんなことしないってば
テテ
テテ
信用ならないんですよ
ジン
ジン
テヒョンよりは、信用性があるはず
ナムジュン
ナムジュン
テヒョナと、競ってどうするんですか
テテ
テテ
ちょっと待って、ヒョン酷くない?
グク
グク
まあ、ヒョンはしょうがないんだよ
テテ
テテ
なんでぇ




NEXT

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

리사
리사
休載するとか言いながら、見てんじゃん とか言わんでね テスト勉強これでも頑張っているんです 終わったら、再開させますので今しばらくお待ちください。