プリ小説

第15話

t e a c h e r
✄‬   N e x t d a y
ジョグ
ジョグ
はいこれ 。
ジョグ
ジョグ
ノート 、
M e
M e
きむ先生に出してください 。
どうせちゃんとやってないんだろうな



って思ってた 、



私の心を読まれたのかジョグはこう言った 。
ジョグ
ジョグ
ちゃーんとやってきましたから
せんせぇー見てみ ?

ぺらぺらめくった 。



数学のことはよく分からないけど 、



何枚ものページに勉強した形跡が残っていた 、



すごっ と思ってしまったが声には出さない 。



予想を上回るすごさ 。
M e
M e
はい 、 分かったから
きむ先生にだしてね 、

どこか気に食わない顔で去っていった 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

찜 에
찜 에
第 2 ア カ ウ ン ト _ す に ょ あ や ぁ あ ぁ あ あ あ あ ( す に ょ ん & じ み ん 愛 し て ま す ( (
青春・学園の作品もっと見る
プリ小説公式作品を読もう!