プリ小説

第5話

t e a c h e r

挨拶を交わした。
M e
M e
は~い 着席 、

きむ先生は間に合ったのだろうかと心配になる。



うん、多分間に合ってないんだろうな ((
M e
M e
今日は大切なお知らせがあるよ

皆が騒ぎ始める 、



私が今日朝早く来た理由はここにある 。
M e
M e
転入生が居ます 。
女の子だ 、



人気が出そうなほど可愛い 。



こりゃ人気でるだろうなぁとか思いながら



その生徒を呼んだ 、
M e
M e
パクさーん
あれ
M e
M e
パクさーん ??
あれ



来るように言ったのに 、



男子((先生ー、転入生は ??



やばしっ
M e
M e
ちょ、っと待っててね 笑

慌てて教室を出た 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

찜 에
찜 에
♡ ⇉ 来 世 は 推 し の 靴 下 。 第 2 ア カ ウ ン ト _ す に ょ あ や ぁ あ ぁ あ あ あ あ ( す に ょ ん & じ み ん 愛 し て ま す ( (
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る