プリ小説

第6話

t e a c h e r

教室から



先生がんばれ~



なんて笑いながら言う声が聞こえる 。



気にしないで職員室に向かう 、
M e
M e
あれっ

途中でみつけた 。

き む teacher
き む teacher
教室まで行こっか !
ぱく
ぱく
ありがとうございます...

ニコニコしている2人 、



全く ... きむ先生は何してんだろ 、
M e
M e
きむ先生 、
き む teacher
き む teacher
おぉ !
M e
M e
うちのクラスのパクさん ...
き む teacher
き む teacher
そうですよ !
ぱく
ぱく
担任の ...
M e
M e
そう !
行こっか 、
ぱく
ぱく
はいっ
き む teacher
き む teacher
じゃあ僕は 、

手を振ってきた 、



私もパクさんも手を振ったんだ 、



けど目線はパクさんに向いていた気がした 。



だろうなとは予想してたけど 、

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

찜 에
찜 에
第 2 ア カ ウ ン ト _ す に ょ あ や ぁ あ ぁ あ あ あ あ ( す に ょ ん & じ み ん 愛 し て ま す ( (
青春・学園の作品もっと見る
プリ小説公式作品を読もう!