プリ小説

第9話

t e a c h e r

自分は1時限目授業の担当がないから



職員室に戻る 。



戻ろうと思って教室をでた 、
き む teacher
き む teacher
おっ !
隣のクラスだからしょうがないかっ
M e
M e
きむ先生じゃないですか 、
き む teacher
き む teacher
きむ先生ですよ ~ 笑
M e
M e
やっぱり変わってますよね 笑

この時間は僕達授業ないんですよね ~ 笑



ってニコニコしてくる 。



僕達だって 、 私も入れられてる ((
き む teacher
き む teacher
お~い ?
M e
M e
んっ ?
き む teacher
き む teacher
生徒に声かけられてますよっ 笑
M e
M e
あっ
きむ先生に笑われた 。
M e
M e
ごめんね ... (( 汗

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

찜 에
찜 에
♡ ⇉ 来 世 は 推 し の 靴 下 。 第 2 ア カ ウ ン ト _ す に ょ あ や ぁ あ ぁ あ あ あ あ ( す に ょ ん & じ み ん 愛 し て ま す ( (
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る