プリ小説

第91話

忘れるから





























〈 え…?? 〉































大翔「 っ、 もう我慢出来ねぇんだよ 」

























まさか、



























〈 ごめん。私他に好きな人いる 〉



















































大翔「 なら、最後にやらせて。」






































「 そしたら、忘れるから。」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Haru
Haru
"今まで書いた小説一時復活"企画のコメント募集中❗❗ 一時休業中⚠春休みから復活! (フォロワー10人ごとに1話) ↑10人にしました!! 新作、デイリーと 1位ありがとうございます!! はるのお花畑 で ある程度の私の小説は出ます!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る