プリ小説

第105話

身動きがとれない











どうしよう



















身動きがとれない…(笑)






















言ってみるか





























〈 ッ先生…。 そろそろ… 〉










































『 いやだ 』

































〈 ええ 〉


























『 いやだ いやだ 』





























子供みたいに嘆くから























可愛くて仕方なくて




























そのフサフサな髪の毛を撫でた、笑























『 ッッ !! 』



















ーーー先生sideーーーーーーー








なんなんだよ





こいつ






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
































































































すると…










シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Haru
Haru
"今まで書いた小説一時復活"企画のコメント募集中❗❗ 一時休業中⚠春休みから復活! (フォロワー10人ごとに1話) ↑10人にしました!! 新作、デイリーと 1位ありがとうございます!! はるのお花畑 で ある程度の私の小説は出ます!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る