プリ小説

第7話

答えは────
もう9時か。
ピコン♪通知音
彩(SNS)
彩(SNS)
今終わったけど、どこにいますか?
初LINEがこれて…
陸玖(SNS)
陸玖(SNS)
◯◯公園にいるよ。ベンチに座ってる。迎えに行こうか。
彩(SNS)
彩(SNS)
今すぐ行きますね
話聞いとらんがな。
待つこと5分
タッタッタッ〜🏃
彩
お待たせ〜。話しってなんですか?
陸玖
陸玖
勝手に待ってごめん。
話しね。
座って
陸玖
陸玖
ちょっと話聞いて貰えませんか?
それは、中学の頃の自分の話
陸玖
陸玖
実は俺好きだったんだよ、彩のこと。でも、あいつ真哉が公であんなこと言ってその時さビビりでさ冷やかしが怖くてさ。なのに好きな子傷つけて。サイテーだよな。
しかも、4年も片想いでさ。もう無理かな。戻れないかな?
彩
( ᵒ̴̶̷̥́ωᵒ̴̶̷̣̥̀ )ポロポロ
陸玖
陸玖
え?!えぇ?!
彩
中一からずっと好き。
キモイとか言われても好きなの。おかしいでしょ?
片想いじゃないよ。
陸玖
陸玖
じゃぁ。
一生かけて幸せにするので付き合って貰えませんか?
彩
喜んで
ガサガサ────
乃桃華
乃桃華
きゃー、見ちゃった
晃祐
晃祐
やっとかよ〜
あーめんどくせー
陸玖
陸玖
おまえらなぁ。
彩
乃桃華もしかして探り入れて来たのって
乃桃華
乃桃華
そう!このため!
晃祐
晃祐
俺は〜放課後からずっとお前を尾行して〜
小野と連絡取ってたんだよー
( *´ ∀ `*)< ホメテホメテ!
と言いたげな晃祐
彩
あれ?乃桃華って晃祐と仲良かったっけ?
乃桃華
乃桃華
ん?付き合ってるんだよ?知らなかった?
2人
はぁ?!いつから?!((陸玖,彩
晃祐
晃祐
んー?ホワイトデー?
乃桃華
乃桃華
多井からだもんねー?
彩
はぁ。なんにも知らなかった。
晃祐
晃祐
てか、時間も時間だしほら陸玖送ってけよ。
俺は小野と帰るから。
じゃーな👋
乃桃華
乃桃華
また月曜日〜👋
沈黙が流れる────
陸玖
陸玖
家どっち?
彩
家は如月町。
陸玖
陸玖
俺は弥生町
彩
隣なんだ。
トコトコ🚶
沈黙のまま、こっちに曲がるとかで曲がっていると
彩
ここが家
普通の一般家庭。
陸玖
陸玖
真っ暗じゃね?
彩
うん。お母さん社長だから。
会社に泊まるんじゃない?
陸玖
陸玖
いつも?
彩
たまにしか帰ってこないよ。
陸玖
陸玖
荷物取ってきて。
泊まれる荷物。
彩
え?
陸玖
陸玖
いいから。
俺の親にはその間に連絡しとくから
動揺しながら家の中に入っていった。
こうすけ(SNS)
こうすけ(SNS)
彩は確か兄弟もいなくて母子家庭。お母さんは社長さんでキャリアウーマンだから仕事優先だな。あ、でも万が一のことがあれば仕事ほっぽり出して駆けつけるぞ。
陸玖(SNS)
陸玖(SNS)
彩っていつも家で一人か?
寂しくないんかな。
っと、親に連絡連絡
陸玖
陸玖
TEL))
陸玖母
TEL))なにー?
陸玖
陸玖
TEL))いや。今から彼女連れてくんだけど、泊まらせても────
陸玖母
TEL))あんた彼女できたん??ほんならはよ言いーや!もー母さん楽しみやわぁ!
泊まってもいいけど、避妊は大事よ!避妊は!早く帰ってきなさいよー
ブチッ
自分勝手かよ。てか、息子に避妊とか言うか?普通。
そうこうしてたら彩がでてきた。
彩
なんで泊まりなの?
お母さんは?なんて?
陸玖
陸玖
いいって。
ほら乗って
なんかワクワク。今日付き合い始めたのに進展早いかもしんねぇ。
顔がにやけてる。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

日依子
日依子
日依子(ひよこ)です。 高校三年生です。 よろしくお願いします。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る