プリ小説
一覧へ

第26話

お家デート②
カーカー
あっという間に夕方
彩
(´-﹃-`)Zz…
また寝てる彩
ガチャ
ただいま〜
陸玖
陸玖
彩。起きろ誰か帰ってきたよ!
彩
…ん?
ガチャ
彩、ただいま… 
あ、どうぞごゆっくり
彩
\(*´Q`*)/~o○◯
お母さんだ
下行こ
下に行こうと言われたのでついて行く
状況を説明すると
彩母
あー!
陸玖くんだったのね
瑠実ちゃん元気?
陸玖
陸玖
あ、はい!
元気です
彩母
どこぞのべっぴんさんかと思ったわぁ〜ヾ(  ̄▽)ゞオホホホ
彩
そんなことより、仕事いいの?
彩母
ストレス溜まって帰ってきちゃった(・ω<) テヘペロ
彩
そんなんでいいの?
彩母
たまにはいーの
納得しなげな彼女
彩母
さ、ご飯しよっか。
陸玖くんは泊まり?
陸玖
陸玖
あ、はい。
あ、俺作りますよ
彩母
あらほんとー?
じゃー頼もうかしら
私はお風呂入ろ〜っと
陸玖
陸玖
冷蔵庫失礼しますね
彩母
どーぞー
トントントン
彩
何作ってるの?|˙꒳​˙)
陸玖
陸玖
んー?秘密🤐
ビーフシチューを作ろうとしてる
彩
赤…ワイン?
飲むのはダメだよ?
陸玖
陸玖
見てて
牛肉をフランベして炎が上がる
彩
ほんとに何作ってんの?
陸玖
陸玖
内緒
彩
肌寒いから着替えてくる
と2階に行った隙にルーとか入れて蓋を閉めた
シーザードレッシングがあるからシーザーサラダかな。
って、他人の家で主夫やってんじゃん!
彩母
っで〜ごめんねー?
ご飯作ってもらってる〜
どうやら俺の母に電話らしい
✂︎-----------------料理完成-------------------✂︎
彩
わーすご
彩母
いつでも婿に行けるレベル!さすが瑠実ちゃん
陸玖
陸玖
彩は料理出来ないんですか?
彩
えー?なんてー?
出来るよー?刺すよー?( #`꒳´ )
彩母
誰に似たんだか
彩
明らかあなただからね
彩母
(°⊿°`)ケッ
テンションと顔芸が似てる
口が裂けても言えないけど
それからは少し話をして風呂に入らせてもらって寝た。
起きたらお母さんは仕事に行っていた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

日依子
日依子
日依子(ひよこ)です。 高校三年生です。 よろしくお願いします。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る