プリ小説

第4話

蘇る思い出
『藍?どうしたの?無事だったのね。一緒に逃げよう。ほら!』










お母さんが手を差し伸べてきた。












涙が出そうになる。












本当は、一緒に行きたい。








その手をとりたい。











けど、無理だ。











早く、殺さないと。









分かってるけど、身体が動かない。













お母さん、ごめん、本当にごめんなさい。












許してくれないと思う。









けど、それでいいんだ。










いっそ、私の事を恨んでよ。










『うるせえな!黙れよ!』











私は、強く言った。









もう、優しくしないで。











そのまま、逃げてよ!











捕まえられなかったことにしとくから。











早く、行ってよ!














『藍!そんな言葉使っては駄目よ!今は、そんなこと言ってる場合じゃないでしょ!』














『だから、うるさい!逃げなよ!何で、逃げないの!』













あ、言ってしまった…。












ピエロは、聞いてないよね。










お母さんは、どう反応するんだろう。










『藍…。今、良くないことが起こっているんでしょ?教えて、お母さんに。』












予想内の反応だ。











無理だよ…。












言えるわけないじゃん。











そう、言えるわけない…。







だから、もう、逃げてよ…!
















早くしないともう一人の私が気づいちゃうよ。












『うぜーな!殺されてえのか?』











ほら、気づいちゃった。











こうなったら、のみこまれそうになる。














本物の私の意識なんて少ししかない。













『藍!いい加減にしなさい!』










まだ、居るの?










何で、早く逃げなよ。










早く逃げないと、私は、お母さんを殺してしまうんだ。












ピエロ、来んなよ!











今は、本当に来ないで…!











お願いだから…。











『まだ、殺さないのですか?』













あーあ、来てしまったよ。









お母さん、まだ、遅くない。








早く逃げて…!









『逃げないのか?』








私は、最後に聞いた。













『藍を置いて逃げないよ!絶対に!』













そっか。










もう決めたんだ。













じゃあ、私も覚悟しないとだよね。











お母さんを殺す覚悟を。












『目をつぶれ!』











私は、最後に命令を出した。











私は、お母さんの近くに行き、刃物で心臓を突き刺した。









その後に、ピエロが銃でお母さんの頭を撃ち抜いた。













ごめんなさい、お母さん…。













さようなら、本当は、一緒に居たかったよ。











心の中で呟いた。










そして、お母さんをゾンビにした。









ピエロには、『他の人も殺してこい!』と言い、私のそばから離した。












お母さんとの、思い出が蘇ってくる。









水族館に行ったこと、動物園に行ったこと、一緒に料理を作ったこと、数えきれないほど沢山ある。










お母さんに作って貰った手袋、まだ家にあるかな。









あったらいいな。








絶対、忘れないよ。










忘れられないよ。








死んだのに、辛い思いさせてごめん。









ゾンビになんてなりたくなかったよね。













お母さん、いつかは、絶対に救うから。










世界破壊が終わったら、解放する。











それまでは、頑張ってね。











お母さんは、その場から去って行った。











私は、お母さんの背中を眺めた。











その瞬間、透明で暖かいものが目から溢れてきた。












シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

❣kanon❣
❣kanon❣
更新が遅くなります。 適当に書いてるけど、良かったら見てくれると嬉しいです!