プリ小説
一覧へ

第9話

お前だけ
あなた

も、もうッだめぇっ…////

あなた

はあ…はあ…////

シルク
シルク
お前だけ気持ちよくなってんじゃん?
あなた

え…??

もうシルクはモノを出していた
シルク
シルク
俺、溜まってんだよね
あなた

ちょっちょっとまっ////
イったばっかだもん/////

シルク
シルク
関係ねえよそんなの
よし、挿れるぞ
あなた

んっんぁっ///.

シルク
シルク
んッ…
あなたのキツすぎ……やべえ…
シルク
シルク
う、うごくぞ……
あなた

あっ…あっ……////

シルク
シルク
いいよっ……はあ…
あなたのきもちいいっ…
どんどんスピードが上がっていく
あなた

あっあっ///だめだめっ//イきそうイきそうっ……////

シルク
シルク
俺が射すまで待てッ…
あなた

んっんぁっ////

あなた

はぁッ…はぁっ///

シルク
シルク
んッ
あなた

はぁっはァッ……

キスをしたり

胸を揉んできたり

舐めてきたり……
あなた

うぁぁっ…///

あなた

ほんとにッッ
そろそろらめぇっ////

シルク
シルク
ん…射すぞッッ……
あなた

あああああああぁぁあぁああ////

シルク
シルク
…ッ///
2人はすぐに寝落ちした

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

苺 . ┈┈ ❥ ❥ ❥
苺 . ┈┈ ❥ ❥ ❥
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る