プリ小説

第8話

媚薬
やばいやばいやばい
ンダホ
ンダホ
喉乾いたー
シルク
シルク
あ、じゃあ俺持ってくるわ
ンダホ
ンダホ
さんきゅー
あなた

はあはあ……///

助かった、

このままだったら

どうなっていたんだろう…

考えただけで怖い。

でも…ちょっと……
シルク
シルク
はい、持ってきたぞ
ンダホ
ンダホ
ありがとー!………
………………………………………

あれから15分くらいたったけど

ずっとゲームをしている
ンダホ
ンダホ
あ、やべ、もうこんな時間
俺帰るわ!
シルク
シルク
あ、まじ
また来いよー!
あなた

気をつけてねー!

ンダホ
ンダホ
ばいばーい!
ガチャ
あなた

ふう……

シルク
シルク
……………
あなた

……………

え……なにこの状況……
あなた

ね、ねえ?

シルク
シルク
…………
あなた

なんでさっきあんなこと…

シルク
シルク
自分でも分かんねえの?
あなた

わ、わかんない……

てかこの部屋あつ…
シルク
シルク
あっそ
あなた

それより…
あ、あつくない?この部屋
暖房切っていい、?

シルク
シルク
おう
あなた

はあ////

なんだか……

あついし……あそこがきゅんきゅんする…///
あなた

わ、わたしお風呂はいってくる…

シルク
シルク
なんか早くね?いつもより
あなた

そ、そう?

シルク
シルク
………お前ってほんと鈍感
あなた

、!?なに急に…?

シルク
シルク
さっきのお茶、なんか変じゃなかった?
あなた

え?

え、もしかして……
シルク
シルク
媚薬入れた
あなた

っは、!?!?

あなた

んっ/////

シルク
シルク
キスだけでこんなに感じんの?
あなた

んぁ…///

あなた

はぁっ////な、ながいよぉっ////はあはぁッ///

シルク
シルク
目とろんとしすぎ
シルク
シルク
誘いすぎだわ
あなた

わっ////

急にお姫様抱っこされて

ベッドに連れていかれた
あなた

はあはあ////

シルク
シルク
やば、お前えろすぎ…
あなた

んっ////

キスしながら服を脱がせてくる
あなた

はぁッッ////

キスしながら胸を揉んだり突起を触ったり…

媚薬のせいかいつもより感じる
あなた

んぁっ///

シルク
シルク
かわいい
手はどんどん下に…
シルク
シルク
うわ、お前びしょびしょ
あなた

あぁっ////

あそこの突起を優しく触ってくる
あなた

んん////

シルク
シルク
なに足動かしてんの
物足りない?
あなた

ち、ちがっ////

シルク
シルク
ほんとの事言ってみろよ
あなた

っ…////
激しくっ///してぇっ///

シルク
シルク
ニヤッ
あなた

あああああああっ////

あなた

イッちゃうぅっ////

イってしまった
あなた

あぁぁぁあああぁあああっ////////

シルク
シルク
早すぎ
まだまだ先は長いよ?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

苺 . ┈┈ ❥ ❥ ❥
苺 . ┈┈ ❥ ❥ ❥
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る