プリ小説

第7話

«6»
有岡side
────────────────────────
これは、ライブが行われる1週間前のお話──。
ジャニーさんに、珍しく呼ばれて、
涼介
ジャニーさんに呼ばれるなんて、誰かなにか、やらかしたの!?
そっか、誰かやらかしたのか、

可能性があるな
侑李
どーせ、大ちゃんじゃないの!?
なんで、俺!?
大貴
ちげぇよ!、笑
なんで疑うんだよ!!
俺が知念になにしたって言うんだよぅ、笑
でも、大ちゃんならなにか、やらかしてそう
大貴
おい!、笑笑
ホントに、何もしてないんだって!
それから、メンバー全員にからかわれてからジャニーさんの部屋に、
ジャニーさん
やぁ、You達!久しぶりだね!
Hey!Say!JUMP
はい!
宏太
今日は、いったいなんのご用件で?
ジャニーさん
実はね、You達にスカウトしてきてもらいたいんだ!
Hey!Say!JUMP
スカウト?
ジャニーさん
ああ、今までとは違うグループを作ろうと思ってね!
裕翔
今までとは違うって何が違うんですか?
ジャニーさん
You達がこの子ならアイドルとして活躍できる!、と思うような女の子を探して来て欲しいんだ
え、!?女の子ですか!?
ジャニーさん
ああ、そうだ!ふたりで高校生ぐらいかな?
You達に任せられるかな?
Hey!Say!JUMP
わかりました、!




そして、ある番組の楽屋で、
宏太
ビックリしたね
侑李
うん、でもあんまり一般人と関わりがないから、難しいな
確かに、高校生ってなると余計に難しいよな
高校生っていったら俺らのファンが浮かんでくるし、
大貴
あ…、
Hey!Say!JUMP
(大貴以外)え!?
大貴
あー!?
Hey!Say!JUMP
(大貴以外)えーー!?なに?
大貴
あった!!方法ー!
涼介
え!?、どんな方法?
大貴
あのさ、ファンの子!!
ファンの子?ファンの子がどうしたの?
あー!なるほど!!
ファンの子なら高校生がいる!
だから、その中からいいなって思った子を選べばいいんだー!
大貴
そゆことー!
確か、来週ライブが名古屋であったはず!
大貴
来週名古屋でライブでしょ?
だから、その時に選ばない?
雄也
いいねー!
宏太
じゃあ、有岡の案でいいね?
Hey!Say!JUMP
(薮、有岡以外)いいよー!
かわいい子来るといいなー!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

し ぃ し ぃ
し ぃ し ぃ
新作「仮心」登場! よろしくお願いします!! 気分で投稿してます JUMP大好き♡ 自担は有岡さん🧡 「過 去 か 現 在 か」 「スカウト」 よろしくお願いします!!