無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

リクエスト~きてぃれんBL~
👑💜漆黒紫👑🖤💜きてぃれんlove🖤様。遅くなって申し訳ありません。きしれんでBLです!良かったらご覧下さい❗

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


廉side


俺は、イケナイ恋をしている
K.Y
K.Y
ただいま~
N.R
N.R
ゆーた!おかえり❤️
そう。相手は同じメンバーの岸さん。
グループ内恋愛禁止なのはもちろん分かっている。
でも、

好きなんだ
K.Y
K.Y
チュッ(*´(〃  )チュッ
N.R
N.R
ん(/// ^///)
K.Y
K.Y
れん。しよ?
N.R
N.R
(゚ー゚)(。_。)💗
ドサッ

チュッチュッチュッ
俺たちはまた、過ちを犯した


次の日の朝
K.Y
K.Y
れーん
おはよう^^*
N.R
N.R
ん、おはよぉ
チュッ
N.R
N.R
なぁ
もう終わりにせぇへん?
K.Y
K.Y
は?何を?
N.R
N.R
この関係。
やっぱよくないと思うんや
K.Y
K.Y
何言ってんの!?
ドサッ
N.R
N.R
や、やめって!
プスッ
N.R
N.R
痛っ
幾度も体を重ねてきた俺たち
当然今挿ったものが誰のかなんて秒でわかる
N.R
N.R
んっ、んっ、あっ
K.Y
K.Y
ふざけんな!
パンッパンッパンっ
K.Y
K.Y
ふざけんな
ふざけんな
ふざけんな
N.R
N.R
あっ、、あっ、、
意識が朦朧としていたためそこからはあまり覚えていない
N.R
N.R
ん?
俺は、次の日朝の光で目を覚ました
N.R
N.R
ゆーた?
いつもいるはずの優太がおらん
ガチャッ
N.R
N.R
は?
優太を探しに行こうとすると、俺の手には手錠がついていることにきずく

そして、体には無数のキスマーク
K.Y
K.Y
起きたんだ
N.R
N.R
ちょ、これどうゆうことや?
K.Y
K.Y
廉が離れようとするからだよ?
K.Y
K.Y
俺は、こんなにも好きなのに
またハマってしまった。
優太という名の沼に
















K.Y
K.Y
廉。愛してるよ
チュッ
-----------------------------------------------------

どうでしょうか?
リクエスト募集中です!!