無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

手紙
こんにちは、あなた。


僕です。ジミンです。


元気にしていますか?


僕はとっても元気です。


あの時はゴメンなさい。


何も言わずに去ってしまい…。


あれから、グクにあなたが起きたことを聞きました。


ホントに良かったです。


「今更何?」


そう思うかもしれません。


僕はただ、あなたに謝りたくて
この手紙を書いています。


あと、自分勝手かもしれませんが、
君にまた逢えたらなと思って書いています。






また逢えるといいですね
ジミン

────────────────────────
あなた
あなた
ホソク先輩
ホソク先輩
どした?
あなた
あなた
あ、いえ…
ホソク先輩
ホソク先輩
ん?
これ、ラブレターか?
あなた
あなた
んな!?
そんな訳ではないですよ。
ホソク先輩
ホソク先輩
ふーん。
どれどれ…
あなた
あなた
や、やめてください!
ホソク先輩
ホソク先輩
上司に見せられないほどなの?
あなた
あなた
うっ…
ホソク先輩
ホソク先輩
うん、いい子
2分後…
ホソク先輩
ホソク先輩
あなたさ、この人に手紙返すの?
あなた
あなた
いえ、大丈夫です。
ホソク先輩
ホソク先輩
ん~
それはダメじゃないのか?
あなた
あなた
え?
ホソク先輩
ホソク先輩
やっぱり逢いたいって言ってるわけだし、お前はその人にまだ逢いたいのか?
あなた
あなた
はい…
ホソク先輩
ホソク先輩
じゃあ、出してやれよ
あなた
あなた
わかりました。


私は仕事が終わって、家に帰ったら、
ジミンに宛てて手紙を書いた。


私の思いと共に届きますように

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

背を伸ばしたいと思ってるだけの人
背を伸ばしたいと思ってるだけの人
頑張って書きます!
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る