無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

少クラ
河合「気になったんだけどさ、WESTって愛菜さんのことねぇさんって呼んでるの?」


桐山「あ、そーなんですよ」


神山「いつからやっけ?」


中間「2年前くらい?」


重岡「そう!あのー、いつだっけ?」


全員「笑笑」


藤井「俺覚えてる!」


重岡「いつ?」


藤井「俺たちがデビューして、まだ全然たってないころ…4ヶ月くらいに、全員でご飯に連れて行ってもらって、その時に、誰かが…照史か が、酔ってねぇさんって呼び出したころから…ですね」
河合「え、まって、すごくない?あの流星がこんなに細かくまで覚えてるの⁉︎」
重岡「これが噂のn…」


西島「ねぇさんパワー⭐️」
客「キャーーー!!!」


西島「イェイ⭐️」


中間「ねぇさん…なんか…これあったんすけど?笑笑」
西島「ん?…えぇぇぇぇ!!!」


重岡「ねぇさん…それ知っとったでしょ?笑笑」


西島「重岡うるさいなぁ これでもバライティの人間だから⭐️」
桐山「なんかさっきから語尾に⭐️ついてるんですけどww」


西島「うふ⭐️」
小瀧「わーーお!」


西島「あ、あのーこれから私のソロ曲歌います〜あ、はい
ちょ、誰か曲振りしてもらえます?」
小瀧「俺やる!」

重岡「俺がやる!!」

桐山「いやそこは俺が!!!」

神山「ねぇさん誰がいいです?」
西島「スゥ〜、淳太ぁぁぁーーー!!!」


jW–中間「えぇぇぇぇ!!!」


西島「wwwはい、淳太。曲振りよろしく」


中間「はい。えー、西島愛菜で、ソロ曲ヒットメドレーですっ
どうぞ!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


桐山「ねぇさんをキュンキュンさせろーー!胸キュンレジェンド〜!!!

あの、これはですね、リアルにねぇさんに告白する感じですね まぁつまり、先輩ってことです」
重岡「じゃあ俺から!」


重岡終了(書けないんで飛ばします)



客「キャーーー!!!」


西島「あのね〜ふっつーにいいよ!」
神山、濱田は飛ばします



桐山「じゃあ僕行きます」


桐山終了


西島「wwwあのー、俺が包んであげるって…意識した?」



桐山「しませんでしたっ!」


西島「てことは無意識に豚でてるやんwww」
藤井「あ、じゃあ俺」



藤井終了



桐山「どうです?」



西島「超…」


藤・西「いい!!」



全員「www」



桐山「夢の共演www葵くんとゆきさんの夢の共演ww」
中間「あ、最後僕が」


中間終了



桐山「どうです?って…めっちゃ乙女な顔してるやんww」



西島「(無言で👍)」





桐山「最終的に誰が良かったですか」



西島「淳太」



桐山「でしょうね」



西島「淳太優勝だから今日奢るわ」



中間「ありがとうございま〜す!」