無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第48話

同窓会 3
西島side
西島愛菜
もーちょっとで帰ろうかな
式見優香
えぇー!
西島愛菜
だって早くしないと明日も仕事あるし
式見優香
忙しーのね
西島愛菜
まーね( ̄▽ ̄)
LINE 西島
臣ー?
もう帰ろうと思うんだけど、いい?
LINE 登坂
OK
西島愛菜
てことで、帰ります!!
式見優香
(*・ε・*)また今度飲み行こ
高橋と加戸も一緒に
西島愛菜
わかった
式見優香
ばいばーいヾ(*´∀`*)ノ
西島愛菜
へい
西島愛菜
心菜ー?うちもう帰るね
加戸心菜
あ、帰る?
またねーばいばい
西島愛菜
はーい
西島愛菜
臣ー?
登坂広臣
はいはい
西島愛菜
うわっそこにいたのかw w w
登坂広臣
裕人が酔うからㅋ_ㅋ
西島愛菜
あー、仕方がない
登坂広臣
ほんとに乗せてもらっちゃって平気なの?
西島愛菜
臣だからだいじょーぶ
登坂広臣
(臣だからって...俺だけ特別なやつ?*\( ˆoˆ )/*)
登坂広臣
ていうか、式見も高橋も相変わらずだな
西島愛菜
ね。
懐かしい...
登坂広臣
なー、その懐かしい思い出の中に俺との思い出ってあんの?
西島愛菜
そりゃーあるよ
バカして先生に怒られたり
喧嘩して怪我して薔薇ちゃんに怒られたりね?
登坂広臣
そうじゃなくてさ、付き合ってた頃の思い出。ある?
西島愛菜
.......あるよ色々とね
登坂広臣
そのうちの楽しかった思い出ってどれくらい?
西島愛菜
全部だよ
臣といれば楽しかったもん
                    ピコン♪
西島愛菜
薔薇ちゃんから。もう着くよだって
登坂広臣
......俺が芸能界入ったのは美容師が自分に合わなかったのもそうだけど
お前に会いたかったからなんだ
どうせお前、俺が普通に会いたいって言っても会ってくれないでしょ?
西島愛菜
別に
                                                       🚗💨
薔薇
お待たせ!って...登坂さん?
西島愛菜
臣も一緒に乗るよ
薔薇
あー、OK
登坂広臣
ありがとうございます(ペコッ)
薔薇
いーのいーの
家、どこ?
登坂広臣
〇〇ってとこです
薔薇
あー、あそこって芸能人がたくさん住んでる高層マンションだよね?
登坂広臣
あ、はい
薔薇
やっぱ芸能人は違うね〜
登坂広臣
そんなことないっすよ笑
薔薇
笑笑
登坂くん愛菜、寝ちゃった?
登坂広臣
みたいですね
西島愛菜
(スースー)
薔薇
その子って寝顔は可愛いでしょ?笑
登坂広臣
愛菜は可愛いですよ
薔薇
登坂くん、悪いんだけど、下にしまってある毛布愛菜にかけてやってくんない?
登坂広臣
はい


白橋さんって愛菜のマネにピッタリですよね
薔薇
笑笑よく言われる

お母さんみたいって
登坂広臣
ですよね笑笑



あ、もうここで大丈夫ですよ
薔薇
ほんと?
登坂広臣
はい
薔薇
わかったわ
これからも愛菜のことよろしくね?
登坂広臣
はい(よろしくって...何が?)
薔薇
愛菜はこう見えて繊細だから、登坂くんみたいな人が支えてあげるといいと思うの
じゃあ、失礼するね
登坂広臣
あ、はい
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
薔薇
愛菜、着いたわよ!!!
薔薇
愛ーー菜ーー???
西島愛菜
ん?
薔薇
もうさ、狸寝入りなのバレバレw w w
西島愛菜
だって気まずかったの仕方ないじゃない
薔薇
はいはい
西島愛菜
もう薔薇ちゃん、余計なこと言わなくて良かったのに!!
まぁ、送ってくれてありがとう
明日ね
薔薇
はいはい