無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
1,469
2019/12/14

第1話

事故
「危ないっ!!あなた!」
















突如呼ばれた私の名前。




























だけど遅かったみたい。






























クラクションの鳴るほうを見てみれば、私と同じくらいの車高の車がライトで私を照らしながら突っ込んできた。

































思いっきり車に体を飛ばされ、地面に打ち付けられる。




















血がドクドクと流れ、脱力感に溺れる。























地面に沈んでいくように体は重く、やっと目をあけられるぐらい。




































「あなた!あなた!」
























うっすらと視界に入ったのは

涙を私の顔に落としながら体を揺する親友。





































>キャー!

>女の子が轢かれたぞー!!

>子供は見ちゃダメ!

>はやく!救急車を!!はやくっ!

























(……私 このまま死んじゃうの?)