無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

ジョンハン編③
ジョンハン
ジョンハン
ねえ、そこのお姉さん…
そこのお姉さん
そこのお姉さん
なあに?♡
そこのお姉さん
そこのお姉さん
あらっ♡イッケメンねぇ〜♡
ジョンハン
ジョンハン
そう?ありがとー。お願いがあるんだけどさ、
そこのお姉さん
そこのお姉さん
何かしら?
そこのお姉さん
そこのお姉さん
(貢ぐ用意は出来てるぜ?☆)←えw
ジョンハン
ジョンハン
金貸して?
そこのお姉さん
そこのお姉さん
いいわy…あ!オレオ詐欺ねっ!
you
you
(いや、オレオ詐欺ってなんだよ…)
ジョンハン
ジョンハン
それを言うならオレオレ詐欺、でしょ?←なんの茶番だよ(  ˙-˙  )
そこのお姉さん
そこのお姉さん
あらっ♡悪い人じゃなさそうねっ♡
you
you
(何を基準に判断した…)
ジョンハン
ジョンハン
お金って言うのは冗談で、、ここってさ。赤外線とか警備員とか居たりするの?
そこのお姉さん
そこのお姉さん
えぇ??そんな事を聞いてくるなんて珍しい!
そこのお姉さん
そこのお姉さん
それはそれは厳しい防犯対策がしてあるわよ☆
ジョンハン
ジョンハン
え…。
そこのお姉さん
そこのお姉さん
あらあ……。こんなイケメンが悲しむのを、私はっ…私はっ……
そこのお姉さん
そこのお姉さん
見たいいいいいいいいいい!!!
you
you
え、(ドSだった。)
ジョンハン
ジョンハン
え、
そこのお姉さん
そこのお姉さん
うっそおーん♡♡♡
そこのお姉さん
そこのお姉さん
イジメて?♡
you
you
え。
そこのお姉さん
そこのお姉さん
あらっ。ごめんなさぃぃ♡
ジョンハン
ジョンハン
い、いえ、
you
you
(もう引いてるよぉぉぉぉぉ。天使がドン引きしてるよぉぉぉぉぉ)
そこのお姉さん
そこのお姉さん
もーう♡あなたのお顔に免じて赤外線も何もかもぜーんぶ解除しちゃう♡
ジョンハン
ジョンハン
あ、、ありがとうございます、
you
you
(良かった、、)
そこのお姉さん
そこのお姉さん
あ、でも1分間だけよ?♡
you
you
え。1分って、、
そこのお姉さん
そこのお姉さん
嘘よ(  ˙-˙  )
you
you
(え、なんか私にだけ冷たいんですけど。)
そこのお姉さん
そこのお姉さん
もーう♡あなたのお顔に免じて10分間にしてあげる♡
ジョンハン
ジョンハン
ありがとうございます!
you
you
(いやー、まじでジョンハンの顔に助けられてんなー(  ˙-˙  ))
ジョンハン
ジョンハン
じゃ!
そこのお姉さん
そこのお姉さん
また来てねっ♡あ、忘れ物よっ♡
ジョンハン
ジョンハン
え?
チュッ。
you
you
(おいーーーーーーーーーー!?)
you
you
(キ、、キスすんなってぇぇぇぇぇぇぇ!?ほ、ほっぺで良かった……)
ジョンハン
ジョンハン
え。(ドン引き)
ジョンハン
ジョンハン
い、行こう…
you
you
そ、そうだね…
そこのお姉さん
そこのお姉さん
もーう♡「またね」って言ってよぉぉぉ♡
そこのお姉さん
そこのお姉さん
照れ屋さんなんだからぁぁぁぁ♡
you
you
(  ˙-˙  )
you
you
(やべーばばあと交渉したな、私達(  ˙-˙  ))