無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

ジョンハン編①雲の上の世界
薬を飲み込むと身体中が麻痺して呼吸が辛くなりその場に倒れこんでしまった。
__うっ……毒…?誰か…

それから何十分か経った頃だろうか。
なんとなく「あ、これ死んだな」って分かった。
ふと自分の手を見ると半透明に透けている。
俗に言う幽体離脱、というものだ。
体がふわふわと浮いているので空も飛べるようになっていた。

__幽霊になるのも良いな。
なんて縁起の悪い事を思いながら、 というかもう死んでるけど。
風に乗って上へ上へと飛んで行った。
you
you
わあー
ジョンハン
ジョンハン
あ、
you
you
ん…?なんか聞こえたような、
ジョンハン
ジョンハン
新入りさん?
you
you
新入り…?
ジョンハン
ジョンハン
あー、君さっきあそこで倒れて亡くなったでしょ?
さっきまで居た場所を指差しながら言う。
you
you
はい、
__やっぱ死んだんだ。
ジョンハン
ジョンハン
てことは1日目の新人さんかーって思って
you
you
あーそう言うことですか!…あのー、あなたは何日目なんでしょうか…?
ジョンハン
ジョンハン
何日目、っていうか…もう何年も。だけどねㅎㅎ
you
you
あ、、もしかして歳はとらないんですか?
ジョンハン
ジョンハン
いーや、歳取るんだよねーそれがㅎㅎ
you
you
あㅋㅋあの、何歳ですか…?あんまり歳変わらなそうに見えますけど、
ジョンハン
ジョンハン
25だよ〜
you
you
あ、じゃあ私の方が1個上です
ジョンハン
ジョンハン
あ、そうだったんだ!ごめんなさいㅎㅎ
you
you
いえいえㅎㅎ
you
you
幽霊も住む場所決まってたりするんですか?
ジョンハン
ジョンハン
あー決まってはないよ。だから元の家に住んでも良いし、幽霊だから高級ホテルにも無料で泊まれるよㅋㅋまーご飯は食べれないけど
you
you
へー!楽しそう!
ジョンハン
ジョンハン
あ、君はどこに住むの?
you
you
あー、、彼氏の家…かな?
ジョンハン
ジョンハン
あ、彼氏置いたまま亡くなっちゃったんだ…
you
you
はい、
ジョンハン
ジョンハン
実は僕もそうなんだよね、
you
you
あー、同じですね
ジョンハン
ジョンハン
あのさ、タメにしよ?って歳下の俺が言うのもなんだけど
you
you
ㅎㅎそうだね
you
you
彼女の家に住んだりはしないの?
ジョンハン
ジョンハン
あー、したいんだけど俺が亡くなってすぐ彼女が引っ越しちゃってどこ行ったか分かんないんだよね
you
you
あー、、じゃあさ!探しに行こうよ!
ジョンハン
ジョンハン
え?
you
you
だからそのままの意味!ほら!行こ?
ジョンハン
ジョンハン
うん、確かに。行こっか!
you
you
うん!