無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

297
2019/06/16

第6話

標的
私は東海学園でもう2ヶ月になりすっかりメンバーと仲良くなり毎日の部活や勉強をして平和な日常を迎えていた。



昼休みりょうは図書室で本を読んでいた。
としみつ
としみつ
りょうが図書室って珍しい‪‪w何かあったのか?
りょう
りょう
去年陸上で優勝したリスト見てて…
としみつ
としみつ
何か気になるのか??
りょう
りょう
ちょっとな…何か気になって…
りょう
りょう
あっとしみつ!!見つけた!!
としみつ
としみつ
何が?
りょう
りょう
去年俺が言ってたろ?女子でめっちゃ早いタイム出した子って
としみつ
としみつ
あの大会俺も見たけどめっちゃ早かったなぁーそして可愛かったしりょう少し気になってた子だったろ??
りょう
りょう
いや…タイムだからな( ̄▽ ̄;)
としみつ
としみつ
いやいや…あの後りょう声かけようとしたら居なくなって悲しんでたじゃん‪w…でその子が?
りょう
りょう
それが今年に入って大会出てないみたいなんだ…普通何かには出るだろ?
としみつ
としみつ
そういや大会出てないなぁ…やめたのかな??
りょう
りょう
いや…そんな…って事は…
としみつ
としみつ
2人が会話しているとてつやと私が合流した
てつや
てつや
お前らめっちゃ真面目に何見てるんだよ(●︎´▽︎`●︎)
りょう
りょう
いや…何でもない(●︎´▽︎`●︎)
あなた

なんだよーりょう隠し事か( ⚭-⚭)
見せろよ!!

りょう
りょう
おいおいあなたここは図書室だから静かに‪w
あなた

あっ…ゴメン( ̄▽ ̄;)
それより、りょう今日次の大会の選抜発表があるって顧問が言ってたぞ(●︎´▽︎`●︎)
まぁ…俺がスタメンだろうけど‪w

りょう
りょう
自信たっぷりだな‪w
今日走ってから決めるって事だからあなたとはまずここで勝負だな
てつや
てつや
障害物なら2人ともスタメンだろ‪w
心配要らないって
としみつ
としみつ
もしかしたら大会で2人でワンツーフィニッシュかもな(●︎´▽︎`●︎)
りょう
りょう
俺が勝つけど(*`ω´*)ドヤッ
あなた

俺が勝つから見とけよ‪w

虫眼鏡
虫眼鏡
お前らうるさいぞー
あなた

虫さんだーごめんなさい( ̄▽ ̄;)

虫眼鏡
虫眼鏡
もう定着かよ( ̄▽ ̄;)
俺は静かに本が読みたいから静かにしろ
てつや
てつや
教師が学校の本読んで良いのかよ‪w
虫眼鏡
虫眼鏡
まぁ俺の趣味の本があるからなぁー(●︎´▽︎`●︎)
としみつ
としみつ
乱用してる…
りょう
りょう
あっそろそろ戻らないと遅刻するぞ!
あなた

あっ!!じゃあ虫さんまたね( ^ω^)

そうして放課後外は曇り空で今でも雨が振りそうな天気…てつや、ゆめまる、りょう、私は練習して1時間後スタメン選抜の走りの準備してた
ゆめまる
ゆめまる
雨降る前に終わればいいけどね
てつや
てつや
ゆめまる余裕だな‪w
ゆめまる
ゆめまる
まぁ今回もスタメン狙ってるしね
それよりあなたはめっちゃ真剣だね‪w
あなた

そりゃあそうだよ( *˙ω˙*)و
絶対スタメン取るから!!

りょう
りょう
気合い入れて落ちないようにな‪w
あなた

そう言うりょうだって油断するなよ!!目標は大会なんだから(*`ω´*)

りょう
りょう
そうだな(●︎´▽︎`●︎)
そう言って私は走っていた。りょうは私の走るのを真剣に見ていた。いつもと表情が違って少し気になっていたが、スタメン決める前だと思っていた。そして休憩に入った。すると3年の陸上の人が私に話しかけた
3年陸上部員
3年陸上部員
おいあなた少し手伝って欲しい事があるけど今いいか??
あなた

おう!!大丈夫だよ

てつや
てつや
あなた俺も手伝おうか?
3年陸上部員
3年陸上部員
てつや大丈夫あなたと2人でできるから
てつや
てつや
そうか?
あなた

大丈夫( *˙ω˙*)و
俺意外に力持ちだし‪wなら行ってくる

りょう
りょう
早く戻って来いよー
あなた

おう!!りょう待っとけ(●︎´▽︎`●︎)

そうして2人で校舎裏の倉庫に向かった。
あなた

なぁ…ここまで何か用でもあるのか??

するといきなり蹴られ私は暗い倉庫に閉じ込められて鍵を閉められた。
あなた

おい!!何だよ開けろよ!!

3年陸上部員
3年陸上部員
うるさい!!後から来たからって調子乗るな!!暫くそこにいろ俺がスタメン取るから!!お前はそこにずっといろ!!
3年陸上部員はそこから離れてしまった。私はドアを蹴るがビクともしなかった
あなた

おーーーい!!誰が!!開けてくれ!!

どうしよう…このままだと間に合わない…それにここ暗い…怖い…助けて…私は暗闇の倉庫の中で一生懸命助けを呼んでいた



一方陸上部はスタメンを決める選考が始まった。
ゆめまるはスタメンに決まり、てつやは出れない事になった。
ゆめまる
ゆめまる
てつや…次があるから泣くな…
てつや
てつや
もう少しだったのに…
りょう
りょう
次があるから頑張れよ(●︎´▽︎`●︎)
それより…あなた遅くないか??
てつや
てつや
そう言えば…もうそろそろ出番だよな?
ゆめまる
ゆめまる
まだ終わってないのかな?
3年陸上部員
3年陸上部員
あっあなたちょっと体調悪くて今日は帰ったよ。
てつや
てつや
えっ!!まじか!
3年陸上部員
3年陸上部員
そうそう急に気分悪くなったって帰ると伝えてくれって
ゆめまる
ゆめまる
あなた君大丈夫かな?
りょう
りょう
おい…
するとりょうはその部員の胸ぐらをいきなり掴んだ。
てつや
てつや
おい!!りょう!?
りょう
りょう
あなたは何処だよ!!
3年陸上部員
3年陸上部員
いきなり何だよ…
りょう
りょう
お前嘘付いてるだろ…あなたが急に休む訳ないだろ!!
3年陸上部員
3年陸上部員
本当だよ…
りょう
りょう
ゴメン…ゆめまる!!あなた探してくる!!
ゆめまる
ゆめまる
えっ!!りょう君今から…って
ゆめまるが止める前にりょうは走り出した。
てつや
てつや
なぁ…あなたもしかして…
ゆめまる
ゆめまる
どうだろう…ひとまず探そう
お前…それが嘘なら許さないから…
3年陸上部員
3年陸上部員
2人もあなたを探しに向かった。

りょうは校舎中探して居たらしばゆーと遭遇した
しばゆー
しばゆー
あれ…りょう君どうしたの?
りょう
りょう
なぁ…あなた見なかったか?
しばゆー
しばゆー
えっ?さっき陸上部の人と2人で歩いてるの見たって…りょう??
それを聞いてりょうはまた走った。するとてつや、ゆめまるもしばゆーと合流した
しばゆー
しばゆー
なぁ…あなたどうかしたのか?
てつや
てつや
選抜なのに居ないんだよ
ゆめまる
ゆめまる
しばゆー知らない??
しばゆー
しばゆー
さっきりょうもあなたを探してたみたいだけど…どうしたの?
ゆめまる
ゆめまる
って事は閉じ込められたのか…俺顧問に言ってくるわ!!てつやはあなた君探して!!
てつや
てつや
分かった!!しばゆーもあなた探すの手伝ってくれるか?
しばゆー
しばゆー
おう!!分かった!!
としみつ
としみつ
あー雨降って来て中止かよ…
ゆめまる
ゆめまる
ってとしみつ!!丁度良かった!!あなた君を探してくれ
としみつ
としみつ
えっあなたがどうかしたのか?
ゆめまる
ゆめまる
陸上のバカがあなた君をどっかに閉じ込めてるみたいなんだ!!
としみつ
としみつ
了解!!見つけたら連絡するわ!!
約1時間過ぎた頃私はまだ倉庫に閉じ込められていた。
スマホは部室だから連絡手段なく呼んでも誰も来ず私は落ち込んで居たら突然雷がなった
あなた

キャー!!

あなた

雷怖いよ…誰か…助けて…

するとドアを叩く音があった。私は怖くて声が出なかった。するとドアを蹴破って
りょう
りょう
おい!!あなた大丈夫か!!
あなた

りょう!!

私は怖くて咄嗟にりょうに抱きついていた。りょうは優しく私の頭を撫ぜてくれて
りょう
りょう
怖かったろ…もう大丈夫だから
あなた

りょう…りょう…

りょう
りょう
大丈夫だから…
りょうの優しく声掛けしてくれて私は安心してそのまま目を閉じてしまった。
てつや
てつや
おい…りょう!!あなた!!
りょう
りょう
大丈夫…今泣き疲れて寝てる…怖かったんだろうな…ひとまず部屋に連れて行くから連絡しといて
そう言ってりょうは私を抱えて部屋に向かった。てつやはりょうが私を抱えるその光景を見て何故か寂しく感じてしまった。

[完]