無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第1話

💫



私の学園にはかっこよくて ''あの'' 有名な人が居る。



その名は キムテヒョン 先輩だ。










今日も先輩は色んな女の子を落としていく。









































私はあなた高校1年生






このままテヒョン先輩とは関わることがないまま高校を卒業できることを毎日祈っています。











なんでかって?それはもう見ての通りだもん。








































おとは
おとは
あなた!お昼ご飯食べに行こ〜?
you
you
うん!行く〜


この子は幼馴染のおとは。小学校、中学生、まさか高校まで一緒に通えるとは思っていなかった










高校になってからいつもと言っていいほどこうしておとはとお昼ご飯を食べている










??
??
キャー♡
??
??
もう今日もほんとにかっこいい、、、、♡



食堂の方からいつものように声が聞こえる






you
you
はあ、またか、
おとは
おとは
ほんとにあなたは嫌いだもんね笑笑
you
you
もう大っ嫌いだよ!






そう、お昼の時間になると唯一色んな学年が食堂にやってくる。











あの キムテヒョン 先輩が、、、












先輩
先輩
今日髪上げた?めっちゃ可愛いじゃん
??
??
やだ先輩照れる〜♡
??
??
先輩!私は??
先輩
先輩
リップ変えたでしょ?
??
??
は、はい!ちょっとした変化でも気づいてくれるなんて、、♡
先輩
先輩
当たり前じゃん?すっげー似合ってる2人とも
??
??
キャーー♡
??
??
キャーー♡









キムテヒョン先輩は毎日色んな女の子にこうやってみんなを落としていく。












まぁこの顔に言われたらそりゃー、まぁ。












でも私は絶対落ちないんだから!!!



























先生
先生
おーいあなた
you
you
はーい
先生
先生
この荷物2階の学習室に持っていってくれないか?
you
you
(え、2階の学習室って先輩の教室の隣じゃん、)
先生
先生
おいあなた??
you
you
え、あ、はい!
先生
先生
じゃあ宜しくな










階段を登るたび嫌になる。もし会ったらどーしよう?別に話しかけられても顔を見ずに適当に返事をしとけばいい、!













よし!パパッと置いて早く自分教室に戻ろう!














you
you
え、
先輩
先輩
あれ1年生ー?




まさか学習室に居るとは誰も思わないでしょ。











you
you
あの、この荷物ここに置いてほしいって先生がっ
先輩
先輩
あーそっか
you
you
は、はい









早くこの場を去りたい、!!!!!











え、?!なんで先輩が近づいてくる?!












you
you
あ、
先輩
先輩
うわ、重、よく持ってきたね笑
you
you
まぁ、


2階に行くのが嫌すぎて重さなんて感じなかった














先輩
先輩
君、あなただよね?
you
you
はい、なんで知ってるんですか?
先輩
先輩
俺らのクラスですっげぇ可愛い後輩がいるって噂凄いからさ
you
you
いや、全然ですよそれでは失礼しm、、?!






視界が急に真っ暗になった










壁ドンされてる?!











































先輩
先輩
ねぇあなたちゃん。俺に落ちてみない?♡








To be continued…