無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

別れ道





白山あなた
どうしよう………



犯人が分かったところで解決策が見つかるはずもない。










斉藤壮馬
どうしたら…………


壮馬も必死に頭を悩ませてくれているけど、

いいアイデアは浮かばないみたいだ。




























私のせいだ。




私が悪いんだ。






私が_________


























出版社なんかに就職したから………








結奈に本当のことを言っていなかったから…………











壮馬と付き合ってしまったから………












手のひらを強く、強く握りしめる。















やっぱり、釣り合っていないんじゃないか。







私なんかが付き合っていいはずなかった。









迷惑ばっかかけて、友達の気持ちも考えられなくて

見捨てられて…………

















『後悔のないように行動しよう』













楓の言葉が蘇る。













こんな私だから、、






いつか、きっと、






壮馬に見捨てられてしまう。

















『もうあなたのこと嫌いだから。』












そう言われる時がくる。











その時、私はいつのことを後悔するだろうか。

















今日のことを思い出すのだろうか。


















そして、後悔を、するのだろうか。














爪が強く手のひらにくい込む。











痛みを感じるどころではなかった。




















1人・・・になるのは、怖くてたまらない。

























だけど今の私は、














失うことの方が怖かった。




























































白山あなた
壮馬、、、























































































白山あなた
別れよう。
























































































これ以上、迷惑をかけたくない。




相手から見捨てられたくない。




後悔、したくない。


























だって、大好きだから。











⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐
Aoi
Aoi
自分でも思っていなかった急展開←ふざけんな
Aoi
Aoi
とてつもない罪悪感から別れを
切り出したあなた。
果たしてこれからどうなるのか_______!?
Aoi
Aoi
次回もお楽しみに!
Aoi
Aoi
P.S.タイトルの『別れ道』は、
  誤字ではありません。←