無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

Date❤[part3]
白山あなた
あ!もうこんな時間!
斉藤壮馬
わ、ほんとだ

その後、私は少しモヤモヤしながらも
ショッピングを楽しんだ。


そして気づいたら時刻は6時少し前を指す所だった


いつの間にこんな時間!!ってなるくらいだったら
十分楽しめたのかな?私。


でもこれからの事を考えると心が重くなる。


1回思い出してしまったらもう頭から離れない。
斉藤壮馬
家まで送ってくよ
白山あなた
え、いいの!?
斉藤壮馬
もちろんだよ笑
白山あなた
じゃ、お言葉に甘えて、、

壮馬に話したら何かいい案が見つかるかも
しれない。


でも、元々私がまいた種だし壮馬を巻き込むのは嫌だなぁ
斉藤壮馬
ねぇ、あなた
白山あなた
ん?
斉藤壮馬
何かあったの?
午後中ずっと元気ないよ
白山あなた
い、いやそんなことは、、
白山あなた
なくもないけど、、
斉藤壮馬
話してみて?
斉藤壮馬
話したら楽になると思うよ
白山あなた
で、でも、、

壮馬に迷惑かけたくないよ、、
斉藤壮馬
俺が前言ったこと、覚えてる?
斉藤壮馬
あなたのこと、もっと沢山知りたいって
白山あなた
あ、、
斉藤壮馬
だから教えて?

うぅ、、そうやって言われたら…
白山あなた
あのね、、

私は結奈のこと、結奈に壮馬のことをまだ
言っていないこと、どうすればいいか悩んでいる
ことを全部話した。
斉藤壮馬
、、、
白山あなた
やっぱり、こんな事で悩んでるの変かな?
斉藤壮馬
そんなわけないよ!
斉藤壮馬
誰だって悩むよそんなこと。
だからあなたは間違ってない。絶対。
白山あなた
うん、、
斉藤壮馬
ここは思い切って話してみたら?
斉藤壮馬
もちろん怖いのは分かるけど、
後から「あの時言っておけば良かった」って
後悔するのは嫌でしょ?
白山あなた
確かに、、
白山あなた
でも、縁切られたらどうしよう、、
斉藤壮馬
あなたは結奈ちゃんを信用出来ないの?
白山あなた
い、いや信用してるよ!もちろん
白山あなた
だからこそ怖いの。
斉藤壮馬
、、、それもそうだね。
斉藤壮馬
斉藤壮馬
そうだ!
斉藤壮馬
こんなこと聞くの変かもしれないけど、
結奈ちゃんって俺のファンだったりする?
白山あなた
あ、うんもちろん!
1番ではないけど、、
斉藤壮馬
じゃあ俺が一緒にその場に立ち会えば
いいんじゃない?
白山あなた
そんな方法があるなんて思いもしなかった。

確かに壮馬が一緒に居れば結奈は
そんなに怒ることもないかも、、
白山あなた
でも、それじゃあ壮馬に迷惑かかるでしょ
斉藤壮馬
迷惑だなんて!あなたが良ければ俺は
なんでもいいよ
斉藤壮馬
あなたの為になれるのなら…
白山あなた
そうだよね…
斉藤壮馬
白山あなた
私には壮馬がいるから、、
白山あなた
大丈夫だよね…!
なんでこんな簡単なことに気づかなかったんだろう


近くて見えぬはまぶた…なのかな?


私にとって壮馬って、そんな近しい存在に
なっていたんだね。


私には壮馬がいる。


だから何も怖くない。
白山あなた
よし!元気出た!!
白山あなた
もう、大丈夫!!
白山あなた
私1人で、解決できる!

突然の私の変わりように、壮馬は少し戸惑っている
斉藤壮馬
あ、そ、そう?
斉藤壮馬
ならよかった!

そして、今度は急に真剣な顔になった。
斉藤壮馬
あのさ、あなた…


次に壮馬が言った言葉は、私が予想だに
していなかった事だった。

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
Aoi
Aoi
はい!どーも!Aoiでごさいます。
Aoi
Aoi
date編はあと1話になりそうです!
Aoi
Aoi
私、最近語彙力が無くなったり、唐突に戻って
来たりして困ってるんですよーww
Aoi
Aoi
何かいい解決策はありますかね?笑
Aoi
Aoi
まあ、頑張りますわ!!
Aoi
Aoi
では、次回もお楽しみにぃー!!