無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

それぞれの…
[あなたside]






はぁぁぁー






えー本日17回目のため息です。





ため息と言っても、気分が悪いってわけでは
なくてですね、





恥ずかしさからです。





昨日のこと。




なんであんなこと、、言っちゃったのー?






「私も壮馬って呼んでいい?」





なんて、、




調子乗りすぎたー




無理だって!いくらなんでも!呼び捨ては!



 

あ、なんか俳句みたいになったw








いや、そんなことはどうでもいいの。





真面目に心臓もたないよ?





呼び捨てで呼び合うなんてー





無理無理無理無理ー!!!






ベッドの上でジタバタ暴れる。



でも、いつでも連絡していいって言ってくれたのは
嬉しかったな。






これからもっと距離が縮まったらいいな。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[壮馬side]




とあるラジオの収録。



斉藤壮馬
どーもこんにちはー!斉藤壮馬でーす!
石川界人
石川界人でーす!
斉藤壮馬
さあ、今日も始まりましたね!
石川界人
はい!ってか今日いつもよりテンション
高くないですかー?
斉藤壮馬
えーそうですかー?そうかもしれないし、
そうじゃないかもしれませんねー
石川界人
いやどっちww
斉藤壮馬
まあ、最近いいことがあったもんで。
石川界人
へぇー良かったですねー



「いいこと」
それは昨日のことだ。






あなたちゃん、、
まだ呼び捨てで呼ぶのは違和感あるけど提案して
良かった。






あなたちゃんからも言ってくれたしね。





なんか俺だけが好きとかだったらちょっとやだなと
思ってたからほんとに嬉しい。




早く会いたいな…




⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
Aoi
Aoi
ども、Aoiです。
Aoi
Aoi
今回は少し短かったけどいかがでしたか?
Aoi
Aoi
色々おかしかったら言って下さい!
Aoi
Aoi
じゃ、次回もお楽しみにー!