無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

引っ越し…!
ガチャ
斉藤壮馬
どーぞ
白山あなた
うわぁ
無意識に感嘆の声がもれる。
斉藤壮馬
なんでそんなに目輝かせてんの笑笑
白山あなた
だって、なんか、すごいっ!

今日は引っ越しの日。




どこにって?





壮馬の家に決まってるでしょ!
(決まってはいない)




一緒に住もうと誘われてから
引っ越しのこととか色々準備していたら
もう1ヶ月も経ってしまっていた。
斉藤壮馬
さ、入って入ってー
白山あなた
お邪魔しまぁす
斉藤壮馬
てかもう「ただいま」でいいんじゃ?笑
白山あなた
確かに笑
白山あなた
ただいまぁー!
斉藤壮馬
そういえば、良かったね。
ご両親賛成してくれて。
白山あなた
あぁー。うん。ほんとにー

私は両親と特に仲悪いわけではないから、
(むしろ仲いい方)
壮馬と住むって事を報告したんだよね。




まあ、反対されても同棲やめるって選択肢は
なかったけどw




両親は最初驚きはしたものの、予想以上に喜んで
同棲を賛成してくれた。



普通、もっと心配しない?って思ったけど




私、中学、高校生時代はあんましモテる方じゃ
なかったし(?)
私の親は結構単細胞なとこあるから

心配してなかったんだろうな、とか勝手に
解釈してる私でした!((は?



「1人暮らしよりよっぽどいい」とか
言ってたしw

斉藤壮馬
あ、はい
壮馬が思い出したように何かを差し出す
白山あなた
斉藤壮馬
合鍵だよ。持ってないと困るでしょ
白山あなた
!!
゚+。:.゚おぉ(*゚O゚ *)ぉぉ゚.:。+゚

私、白山あなたにこんな日が来るとは…!


推しの家の合鍵を貰えるなんて…!


私はなんて幸せ者なんだ…!

斉藤壮馬
(なんかいちいち顔に出てるなぁ笑)


ふぅ、


よしっ!
白山あなた
改めて…
壮馬、これからもよろしくねっ!
斉藤壮馬
うん。よろしく!


こうして、私と壮馬の同棲生活は
始まったのであった…!((大げさだなw
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



私が壮馬と四苦八苦しながら荷解きを
していると、
(壮馬が手伝うよって…優しい!)




壮馬が思い出したように尋ねてきた
斉藤壮馬
そういえば、今日は夜みんなを呼ぶんだよね?
白山あなた
あっそうそう!

すっかり忘れてたぁー!





今日は、私と壮馬が一緒に住むってことで
家でいつもの面子
(花江さん、梅原さん、江口さん)で
飲むことになってたんだ!




で、ついでに
「声優さん達と会いたい!」って言ってた
結奈の願いを叶えるために結奈も呼ぶことに
したんだ。




引っ越しがあって色々バタバタしてたから
約束、叶えられてなかったんだたよね





結奈、どんな反応するかなぁ?




楽しみ!




よし、頑張って引越し終わらせちゃおー!

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

Aoi
Aoi
どーも、Aoiです!
Aoi
Aoi
第15話いかがでしたかー?
Aoi
Aoi
今回はあなた、
始終テンション高かったですね笑
Aoi
Aoi
では、次回もお楽しみにぃー!