無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

あの人

[壮馬side]
斉藤壮馬
俺だってあなたに良かれと思って
やったことだよ。
斉藤壮馬
なのに『そんなことして欲しいわけじゃない』
って言われて。
白山あなた
っ……!
斉藤壮馬
お互い様じゃない?


〝思わず〟という感じだった。







あなたが急に泣いたり、怒ったりする様子を
見て戸惑ってしまった。









寝室にいってベッドに倒れ込む











怒ったわけじゃない。














行動の理由が分からなくて焦った。










もしかしたら自分のせいでそうなってしまった・・・・・のかもしれないと考えると怖かった。








あなたにあんな態度をとったのは初めてだから
ショックを受けているかもしれない。













ちゃんと説明して謝らなければいけないのは
分かっているけど












今謝りにいっても何だか嘘くさい気がする。












一瞬迷った後、俺はある結論を出した。























あの人・・・に相談してみよう。




















きっとどうすればいいか、分かるはず。









⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐
Aoi
Aoi
短くてすみませぇぇぇん!!
この後続けると長くなるので一旦切りました!
Aoi
Aoi
『あの人』って誰なんでしょう!?!?←
次回もお楽しみに〜✨