無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

ハードですね。

















辛い。


















































私、なんでこんなとこ入っちゃったんだろう。





















































なんで、こんなとこに本気で入りたいと
思ったんだっけ。













<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

数日前。






真帆ちゃんと楓が幼馴染だと分かってから
数十分後。







谷森由美
今日から2人は少しの研修期間に
入ってもらいます。
谷森由美
その間の教育係は私が担当するから、
よろしくね。




あ、あのストイックな人だ←





谷森洋子さん。





しっかり教えてくれそう。







怖くないといいけど。




西野楓
がんばろーね!
白山あなた
うん!




私たちは小声で意気込んだ。

















しかし……










そう元気だったのも少しだけ。









数時間後には、想像以上のハードな仕事に
すっかり疲弊してしまっていた。














とにかく覚えることの量が半端ない。












これを難なくこなしてる先輩たちほんと
なんなの……←













しかも結構厳しいし、谷森さん。















次々仕事教えてきて、これくらい
出来て当然って顔してるし。
















有能な人にはそうじゃない人の気持ちが分からないでしょうねっ!けっ( ・´ー・`)←





白山あなた
楓大丈夫ー?
白山あなた
疲れてない?
西野楓
うーん、ちょっと疲れたわぁー!
西野楓
でも楽しいからいいやw
白山あなた
そうだねー




そうだ。楽しいんだよ。









やっと憧れの職業に就けたんだから…







でも思ったよりハードだった。






それだけ。








⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐


Aoi
Aoi
お久しぶりです。Aoiです!
Aoi
Aoi
まだ期末終わってないけど待ちきれなくて
出します✩←
Aoi
Aoi
いかがでしたでしょうか?
なんか中途半端なとこで切ったな…w
Aoi
Aoi
次回もお楽しみに!