無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

飲み会🍻
ほんと、ドキドキ…




心臓がいつもの5倍くらいの速度で動いてるように
感じる…


でも、前よりは心の余裕がある。
楽しみって感情もあるし。









早く壮馬くんに会いたいな、、、










指定された店はなんの変哲もない普通の
居酒屋だった。
ちょっとびっくりだな。
人気声優だからもっと高級そうなところで
飲んでるのかと思った。
こんな普通のとこで飲んでてファンとかに
遭遇しないのかな。








そんなことを考えながら扉を開ける。

斉藤壮馬
あ!あなたちゃーん!
こっちだよー



あ!!壮馬くんだ!


そして、その同じテーブルを囲んでいるのはもしかして…
江口拓也
はじめまして!江口拓也です
花江夏樹
あ、はじめましてー。
花江夏樹です。
梅原裕一郎
梅原裕一郎でーす。
白山あなた
は、はじめまして!!

心の準備はしてたけどやっぱり緊張するなぁ





こんな大物の声優さんが3人も!
あ、4人か笑

白山あなた
白山あなたといいます。
斉藤壮馬
さっきも言ったけどあなたちゃんは俺の彼女だから
斉藤壮馬
何かしたら許さないからな…?
江口拓也
あーはいはい。わかってますよーw
斉藤壮馬
さあ、座って座ってー
白山あなた
う、うん…!


まさかこんな人達と同じテーブルを囲む日が来るとは…

斉藤壮馬
何か頼む?
白山あなた
あー、うーんととりあえずビール1つで!
斉藤壮馬
りょうかーい!




みんなは歓迎してくれてる感じだけど
私、本当にここに居てもいいのかな。
白山あなた
あの、私が居て迷惑じゃないですか?
花江夏樹
何言ってんの。
全くそんなことないよ。
梅原裕一郎
むしろあなたちゃんが居た方が
華やかになるよ。周りが。
白山あなた
そ、そうですかね。。
江口拓也
もしかして、緊張とかしてるの?
白山あなた
あ、いや、まあ…
斉藤壮馬
え、ごめんね。本当は来るのやだった?
白山あなた
いやいや、本当に嬉しいんだけど、
白山あなた
こんな人気声優さんと会うっていうのと、私が人見知りする性格なので…
白山あなた
あと、ちょっと感動してます!
江口拓也
いやーそんなこと言ってもらえるなんてー
花江夏樹
まあ、俺が人気声優だっていうのは事実だね。
梅原裕一郎
自画自賛すなw


なんか、楽しそうでよかった。私がいることで空気が
変わったりしてたら申し訳ないじゃ済まないよ。
店員
お待たせ致しましたー
生ビールになりまーす
斉藤壮馬
あ、きたきた!
江口拓也
じゃあ、乾杯しよっか!
みんな
かんぱーい!!



ゴクゴク
梅原裕一郎
うーん、美味しい!!
花江夏樹
染み渡るわー



それから私たち5人は時間を忘れて沢山、飲んで食べていろんな話をした。




最初はまだガチガチだった私も、4人の醸し出す
明るい雰囲気と、お酒の影響でだんだん打ち解けていった。








この人たちって本当に明るいんだなぁ






話も面白いし。私が話題を探さなくてもどんどん話してくれるから安心して相槌を打っていられる。







そんなこんなで話に夢中になっていたらもう日付が変わろうとしていた。
白山あなた
あの、皆さんは明日お仕事大丈夫
なんですかー?
斉藤壮馬
うん。みんなOFFだってぇー
白山あなた
ならよかったですけど、時間的にもうそろそろ
お開きにしませんか?
梅原裕一郎
うーん、そうだねー
江口拓也
あんま飲みすぎると花江くんみたいに
なっちゃうからねーww
花江夏樹
えー?どういうことですかぁー?
みんな
wwww
白山あなた
じゃあ、お会計を…
梅原裕一郎
あ、あなたちゃんはお金払わなくて
大丈夫だよぉー
白山あなた
え!そんなの申し訳ないですよー
斉藤壮馬
いいのいいの。誘ったのはこっちだしー
花江夏樹
お金は江口さんが払ってくれるからぁー
江口拓也
なんで俺wまあいいよいいよ。
あなたちゃん気にしないでー
白山あなた
あ、はい!じゃあお言葉に甘えてー
お会計を済ませる
白山あなた
えーっと、皆さん帰りは…
江口拓也
俺は電車だよー
花江夏樹
じゃあ俺もー
梅原裕一郎
俺も電車かなー
白山あなた
壮馬くんは?
斉藤壮馬
俺は家近いし歩いて帰るよー
白山あなた
私も歩きかなー。
斉藤壮馬
じゃ、あなたちゃん、送ってくよぉ〜
白山あなた
えっ!いいのー?
斉藤壮馬
うん!
白山あなた
ありがとう!


、、、、、
白山あなた
皆さん、お気をつけてー
梅原裕一郎
じゃあ、またねー
花江夏樹
おやすみぃー
江口拓也
また飲み行こうなー
斉藤壮馬
じゃあ、俺たちも帰ろっか。
白山あなた
うん!



、、、、、
斉藤壮馬
…ねぇ、
白山あなた
ん?
斉藤壮馬
今気づいたんだけどさ、あなたちゃん、
今日俺にだけタメだったー?
白山あなた
あ、うんまぁね。
斉藤壮馬
なんで?
白山あなた
いや、だって壮馬くんタメでいいって
言ってたし、私一応彼女だし…
嫌だった?
斉藤壮馬
いや、嬉しかった。
ありがと。
白山あなた
う、うん///
斉藤壮馬
ねぇ、ちょっと急だけどこれからさ、
あなたって呼んでもいい?
白山あなた
え、あ、うん。もちろん。


呼び捨てぇ!?





私幸せだわあー







じゃあ、ここは私も思い切って…!
白山あなた
じゃ、私も壮馬って呼んでいい?
斉藤壮馬
えっ!いいの!
白山あなた
うん!
斉藤壮馬
なんか恥ずかしいな…
白山あなた
私だって恥ずかしいよー







でも、嬉しさの方が大きいから、いいんだ。
斉藤壮馬
あとさ、俺からもう一個お願い。
白山あなた
斉藤壮馬
これからまた今日みたいに声優仲間達と飲む日が来ると思うけど、俺は声優として見ないで。
彼氏としてみてね?




え、それってつまり…?
白山あなた
、、うん///
斉藤壮馬
あ、もちろん、あなたが来たくなかったら
無理しないでいいから。
白山あなた
いや、楽しかったよ!本当に。
誘ってくれてありがとう。
あと、久しぶりに壮馬に会えて嬉しかった!
白山あなた
 もっと、会いたいけど…
斉藤壮馬
!!


あ、聞こえちゃった?
斉藤壮馬
じゃあ、お互い気を遣わずに連絡しよう!
斉藤壮馬
俺もあなたに会いたいから、、
もっとあなたのこと沢山知りたい。
白山あなた
うん、、わかった…!(//^//)


壮馬くん…そんな風に思ってくれてたなんて








すごい恥ずかしいけど同じくらい嬉しい。







よかった。




私ももっと壮馬のこと、知りたい…!



⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
Aoi
Aoi
はーい!どーもAoiでーす。
第8話いかがだったでしょうかー?
Aoi
Aoi
ちょっと(というかかなり)長めになっちゃい
ましたねー
Aoi
Aoi
あの、声優さんの一人称とか違和感ありましたらコメントしてください!自信がないので…
Aoi
Aoi
これからも、出来る限り更新していきますのでよろしくお願いしますねー  
では、次回もお楽しみにー!