無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

最後の懺悔
白山あなた
壮馬……これ、現実…?
斉藤壮馬
どんな夢見てたの…笑





そう言うと、思いっきりほっぺたをつねられた。




白山あなた
いった…笑



きっと、今日の朝の別れ話だけが夢なんだよね。










そしたら私は壮馬に言わなきゃいけないことがある。











白山あなた
壮馬、本当にごめんなさい。



ずっと、言いたかった。





白山あなた
自分勝手に当たって。
すぐ謝れなくて。
挙句の果てには、浮気まで疑って。
信じることが、できなくて。
白山あなた
ごめんなさい………
白山あなた
私を、許してくれますか…?
嫌いにならないでくれますか…?



斉藤壮馬
許すもなにも、、
斉藤壮馬
俺だって悪かった。
あなたが仕事で辛いのに、分かってやれなくて。
慰められなくて。
顔を合わせるのが気まずくて、避けちゃって。
斉藤壮馬
ごめんね、あなた。
嫌いになんて、絶対ならないから。




白山あなた
うん……!



斉藤壮馬
だから、あなたがこんなに苦しんでるのも
分からなかった。
言い訳みたいに聞こえるけど…
斉藤壮馬
結奈ちゃんから連絡が来て、、
あなたにメールしても電話しても
反応がないから、大丈夫なのかって。
帰ってきたらすごいうなされてて……
斉藤壮馬
彼氏失格だね……
白山あなた
ううん、いいの。
こうして帰ってきてくれただけで
私は十分だよ。
斉藤壮馬
ありがとう……
斉藤壮馬
じゃあさ、



壮馬は真っ直ぐ私を見つめて、微笑んだ。




斉藤壮馬
もう1人で溜め込まないで。
辛かったら当たってもいいから。
自分を責めないで。
白山あなた
うん……
白山あなた
私も、その言葉そっくりそのまま
返すよ…!
白山あなた
壮馬も、辛かったら私に言って。
白山あなた
もっともっと、壮馬のこと、全部知りたい。
斉藤壮馬
うん。俺も同じ気持ち。














浮気されるかもって不安になっていたのが
馬鹿馬鹿しくなった。





でも、壮馬と離れるのが怖くて仕方がなかった。





ずっと、そばにいて欲しい。






今までとは違う気持ち。




























私、壮馬のこと、、「1人の人間」として、好きだ。









⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐
Aoi
Aoi
はぁ、、、良かった、、、←
Aoi
Aoi
いかがでしたか?
結構昔のせりふも出てきましたね。
Aoi
Aoi
伏線とかは結構気を使ってるので…
もちろん、これからの展開への伏線も…!?
この機会にもう1回読み返してみるのも
いいかもしれませんよ!((黙れ
Aoi
Aoi
では、次回もお楽しみに✨