無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

またね。



その後、谷森は辞職し、空いたその職にはなんと

楓が就くことになった。





なんでも、谷森がやったことは内密にではあるものの、

社長に伝わっており、異例の大抜擢として

楓が昇進することになったらしい。




西野楓
私はただあなたを助けようとしてやっただけ
なんだけどね笑



楓は苦笑しながらそう言っていたけど、



白山あなた
いやぁ、すごいよ!おめでとう!!



私は素直に嬉しかった。








そして、壮馬とは、、、、






別れを切り出したあとすぐ、家を出た。








今まで払ってくれた分の家賃を置いて。











お互い、一言も話さなかった。






いや、私が話そうとしなかったからかな。









最後の最後まで、壮馬は引き止めてくれなかった。










家を出る直前、






斉藤壮馬
またね。




と言われた。










いつか会おうという意味だろうか。







そんな気なんてないくせに。







また会いたいって気持ちがあるんなら、

なんで今引き止めないんだよ。














なんだか自分がすごく可哀想に思えてきて。



そんな自分が情けなくて。



今の状況になっているのは私のせいなのに。









私は言葉を返さずに、たくさんの思い出が詰まった

家をあとにした。














さようなら。










幸せな日々。











さようなら。










私の大好きな人。壮馬





















もう、きっと会えないね。













⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐



Aoi
Aoi
どーも、Aoiです!いかがでしたか??
少し短めでごめんなさい💦
Aoi
Aoi
えぇ、ここで朗報です。
Aoi
Aoi
この作品、「ずっと私のスター。」が
五 月 雨 雲 鑼 @ 魚 介 類 様の2000人大会
にて、『邂逅賞』を受賞しました!
Aoi
Aoi
ここまでこれたのも、読んでくださった
皆さんのおかげです!
ありがとうございます!!
本当に嬉しいです😭
Aoi
Aoi
そしてっ!!この小説あと少しで♥️1000
突破します!やった〜!←
Aoi
Aoi
ということでじゃんじゃん
♥️押してください←←
Aoi
Aoi
 以上!朗報でした!
Aoi
Aoi
では!次回もお楽しみに〜!