無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

仄かな期待

引き続き……[壮馬side]









あなたがドアを開ける。
















もう、会うことは無いのかもしれない。















会いたくないと、言われるかもしれない。
















だけど、、、、、
























斉藤壮馬
またね。












いつか、あなたの傷が癒えたら、















また、どこかで会いたい。






















そんな思いを込めて。




















あなた以外好きになんてならない。
















いつまでも、待ち続けるから。

















刹那、あなたと目が合った。
















何かに苛立っているような、泣きそうな、



悲しい目だった。














咄嗟に伸ばしかけた手は彼女に届くはずもなく、
















ただ、宙を掴むだけだった。















⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐


Aoi
Aoi
短くて申し訳ありませぬ……
ちょうどきりがいいので……
Aoi
Aoi
はい、一旦ここで前編?的なのが終わりです。
まぁ3分の2くらいは終わったかな←←
Aoi
Aoi
予定ではここら辺で完結してたはず
なんだけどなぁ…?←
Aoi
Aoi
さてさて2人の運命やいかに!?
Aoi
Aoi
次回からもお楽しみにっ!