無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

納得







楓が愕然としたような表情を私に向ける。















私だって同じ気持ちだ。











こんな現実を突きつけられて、平静を保てる
はずない。


































けど、不思議と納得がいった。








































だから私、こんな凄いとこに受かったんだって。





















































だから、こんなにもついていけないんだって。















































西野楓
っ………!








ダッ










白山あなた
楓っ!?



この空気に耐えられなくなったのか、楓が駆け出した。







































谷森由美
しょうがないわね、こんなこと・・・・・
逃げ出して。
谷森由美
白山さん、連れ戻して来てくれない?










谷森は、やれやれといった風に私を見た。










































こんなこと?








































楓は、今確実に傷ついた。












































それを『そんなこと』と言うの?



















白山あなた
仕事が出来ても他人の気持ちが分からないと
大変ですね。











































私は、この人が嫌いだ。


















⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐
Aoi
Aoi
こんにちはーっ!
Aoiです!!!!
(物語とのテンション真逆で草)
Aoi
Aoi
なんか今回内容薄くね?
900字くらい書いてるんだけどw
Aoi
Aoi
最近たくさん空白を空けることにハマってる
からかな?w
Aoi
Aoi

Aoi
Aoi
v(。・ω・。)ィェィ♪←は?
Aoi
Aoi
あ、♡500突破ありがとうございます✨
感激です(๑ ᵒ̴̶̷̥́ㅿᵒ̴̶̷̣̥̀ ๑) 
Aoi
Aoi
じゃ、次回もお楽しみにっ!