無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

最悪の想像





土曜日。





























壮馬が、帰ってこない。































しかも、1日や2日ではない。






















今日で、およそ5日目。





















いくら生活リズムが違うとはいえ、5日も会ってない
というのは今回が初めてだ。
































私の頭にある可能性が浮かぶ。



















































































『浮気』





してたり………




































先日の喧嘩のことが走馬灯のようによぎる。





あんなこと、言っちゃったから。





愛想、尽かされたんじゃないか。





そんなわけない。考えたくない。



壮馬に限って。ありえない。


すぐに振り払う。振り払おうとする。












だけど、1回その考えが頭をかすめると、
こびり付いたように離れない。


















でも、それを調べる術を私は持っていなかった。










呼吸が荒くなる。










耳鳴りがする。



















不安で仕方がない。








色んな感情が私の心で蠢く。













浮気なんて、そんなこと考えて、壮馬を100%
信じることが出来ない自分が嫌。








喧嘩したのに謝ることすらも出来ない自分が嫌。









勇気が無くて、逃げてる自分を直視してこなかった。








こんなことになるなんて思ってなかった。









言い訳ばっかり。










本当に好きだったら、浮気なんかされても
平気なんじゃないかって、彼氏でいてくれるだけで
いいって思えるのかな、とか思って。











私は本気で好きなのに。





大好きなのに。







壮馬との仲を戻せるなら何を投げ出したっていい。






それくらい、好きなのに。





好きだから、相手からも好きでいて欲しいんだ。







でも本当はそれも自己満なんじゃないかって。










自分がどうしたいのか、どうすればいいのか
分からなくなって、自己嫌悪は増すばかりで。




































結局、その夜は一睡も出来なかった。






























同じ考えだけが、頭の中をぐるぐると巡っていた。



































壮馬は、帰ってこなかった。



⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐


Aoi
Aoi
まさかの可能性に不本意ながら
気づいてしまったあなた。
Aoi
Aoi
そして、壮馬との対面はいつ叶うのか……!?
Aoi
Aoi
お楽しみにっ!!