無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

131
2021/03/04

第3話

🎨

3年生、教室

榎本 夏樹
榎本 夏樹
美桜、あかり!
おはよ!
合田 美桜
合田 美桜
おはよう、なっちゃん
早坂 あかり
早坂 あかり
おはよう!

私、榎本夏樹は、桜丘高校3年生!
これでもね?

今挨拶したのは、親友の合田美桜と、早坂あかり。

2人ともめっちゃ可愛いんだよ?

それと…
私はちらりと教室の後ろを見た。

芹沢 春輝
芹沢 春輝
優、もちた、あと少しで完成すっから最後の追い込みかけんぞー
望月 蒼太
望月 蒼太
え、えぇ〜
僕ら、青春真っ盛りだよ?
青春しようよ!?
瀬戸口 優
瀬戸口 優
相手もいないだろ。

呆れたようにもちたにつっこむのは、瀬戸口優。

私の幼馴染で、片思いの相手で、告白予行練習の相手、でもある。

肩書き、多すぎでしょ…

ん、ちゃん、
合田 美桜
合田 美桜
なっちゃん?
早坂 あかり
早坂 あかり
どうかした?
榎本 夏樹
榎本 夏樹
ううん!
なんでもないよ!


慌てて2人の方に視線を戻すと、2人は何かを察したように顔を見合わせて、にやにやとする。
早坂 あかり
早坂 あかり
青春、してますねぇ〜
榎本 夏樹
榎本 夏樹
なっ!?
みみ、美桜だって、春輝とどうなの?

急に話を振られた美桜は目を泳がせて動揺している。

ひと目で恋してるんだな、ってわかる。

ほんとに可愛い。

春輝と美桜は絶対両思いなのに、どっちとも奥手だからなぁ。

合田 美桜
合田 美桜
わわわ、私のことはいいよ!
あかりちゃんは?

そういえばあかり、この前も男子に告白されてたみたいだからなぁ。

もちたが肩落として歩いてるの見たし。
早坂 あかり
早坂 あかり
私は、なんもないかなぁ。
あ、でも…

そこで言葉を切ったあかりの顔がほんのり赤に染まっている。

あ、絶対なんかあったな。

榎本 夏樹
榎本 夏樹
でも?
合田 美桜
合田 美桜
でも?

美桜と私の声がハモる。

それにあかりが苦笑しながら言葉を繋げた。
早坂 あかり
早坂 あかり
でも、この前望月君とケーキ屋さんに行ったの。
榎本 夏樹
榎本 夏樹
もちたと!?
いつの間に…
やるじゃん、もちた。

後で死ぬほどいじり倒してやる。

私はそう決意を固め、話を続行するのだった。