無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

89
2021/04/02

第5話

🎨
明智 咲
明智 咲
こらこら、廊下で騒いでるのは誰だ〜?
イノコリですよ。
芹沢 春輝
芹沢 春輝
やっべ、咲兄じゃん
明智 咲
明智 咲
明智先生と呼びなさい。
芹沢君。


ダメですよ、芹沢先輩、明智先生に咲兄なんて言っちゃ……

ん?なんで咲兄?
桃瀬  (なまえ)
桃瀬 あなた
あの〜、なんか口を挟むようで申し訳ないんですけど、芹沢先輩と明智先生って、どういう関係ですか?


私がそう問うと、ああ、といった顔をした望月先輩が答えてくれた。

望月 蒼太
望月 蒼太
桃瀬さん、春輝と明智先生ね、幼馴染っていうかなんていうか…
昔からの知り合いなんだよ。
桃瀬  (なまえ)
桃瀬 あなた
あ、そうなんですね!
明智 咲
明智 咲
そういう事だ、後輩ちゃん。
アメ、いる?
桃瀬  (なまえ)
桃瀬 あなた
あ、はい、頂きます…


そう答えた私に、先生は何故かいつも着ている白衣のポケットから棒の着いたアメを取り出し、私に向かって差し出した。

芹沢 春輝
芹沢 春輝
教師が生徒にアメ渡していいのか…?
明智 咲
明智 咲
教師は何してもいいんだよ。

正論すぎる芹沢先輩を相手に暴論をぶっかます先生を皆がニコニコして見ている。

いいなぁ、楽しそう…

私はチラリと横を向く。

視線の先には、望月先輩。

けれど、私達の視線は合うことが無かった。

先輩の見ている人はいつも、私じゃないから。
桃瀬  (なまえ)
桃瀬 あなた
あっ、私そろそろ行きますね!
明智先生、アメ、ありがとうございました!
明智 咲
明智 咲
廊下は走るなよー

先生の注意する気のない(と言っては失礼か)、気の抜けた声を背中で受け、私は待っていてくれている雛の元へ急いだ。


💫星羅  詩織🌠
💫星羅 詩織🌠
更新遅くなり申し訳ないです!