無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

107
2021/03/14

第4話

🎨
昼休み、廊下
桃瀬  (なまえ)
桃瀬 あなた
ひーな〜!!
ちょっと先輩の所行ってくるから、お昼、先食べてて!
瀬戸口 雛
瀬戸口 雛
わかった〜
榎本 虎太朗
榎本 虎太朗
俺が一緒に食ってやろうか?
瀬戸口 雛
瀬戸口 雛
いいもん!
私、そんなにボッチじゃないし〜!
桃瀬  (なまえ)
桃瀬 あなた
仲良いねぇ〜?
もしかして付き合って……痛っ!
瀬戸口 雛
瀬戸口 雛
ちっ、違うから!
榎本 虎太朗
榎本 虎太朗
俺は別に嬉しいけど?(笑)
瀬戸口 雛
瀬戸口 雛
ッッ~~バカ。
桃瀬  (なまえ)
桃瀬 あなた
はいはい、邪魔者は消えますよ、っと。

相変わらずな2人を残し、私は3年の教室へ向かった。
桃瀬  (なまえ)
桃瀬 あなた
あ、夏樹ちゃーん!
榎本 夏樹
榎本 夏樹
はーい?
あ、あなた!
早坂 あかり
早坂 あかり
あ、桃瀬さん!
桃瀬  (なまえ)
桃瀬 あなた
あかり先輩!
あなたでいいです!
早坂 あかり
早坂 あかり
あなたちゃん!
桃瀬  (なまえ)
桃瀬 あなた
はい!
桃瀬  (なまえ)
桃瀬 あなた
あれ?
美桜先輩は…?

珍しいな、美桜先輩がいないなんて…

そう思ってきょろきょろしていると夏樹ちゃんが言った。
榎本 夏樹
榎本 夏樹
美桜はね、もうすぐ……あ、きた!
合田 美桜
合田 美桜
遅くなってごめんね…! 
あ、桃瀬ちゃん。
桃瀬  (なまえ)
桃瀬 あなた
うーん…
"さん"付けじゃないんで、嬉しいです!

3人とも反応が全く一緒だ…

仲良しなんだなぁ。

息ぴったりなんだよね。

雛と虎太朗みたい…


その時、後ろから話し声が聞こえてきた。

振り向かなくても誰の声だかわかる。

桃瀬  (なまえ)
桃瀬 あなた
望月先輩!
望月 蒼太
望月 蒼太
あぁ、桃瀬さん。
芹沢 春輝
芹沢 春輝
…俺らもいるんですけど?
瀬戸口 優
瀬戸口 優
春輝、嫉妬すんなって。
桃瀬  (なまえ)
桃瀬 あなた
芹沢先輩、優さん。
お久しぶりです。
芹沢 春輝
芹沢 春輝
おう、久しぶり。
瀬戸口 優
瀬戸口 優
雛は?
望月 蒼太
望月 蒼太
出たよ、優のシスコン
瀬戸口 優
瀬戸口 優
シスコンじゃねえし。
桃瀬  (なまえ)
桃瀬 あなた
シスコン…だよね?
その時、

ぎゃーぎゃー騒いでいた私に声がかかった。