第157話

ほ ん な ら ま た 、来 世 で 。
4,494
2021/05/23 08:59





小さい身体で




それでも懸命に生きようと頑張ってくれた胸の鼓動が



だんだんと聞こえへんくなってきて、






俺にもたれかかってきてた小さな体の重みが



さっきよりズシっとのしかかる感覚。








耳元に感じてたあなたの息も、


体全体に感じてたあなたの温もりも、




少しずつ、薄れていった。












重 岡
重 岡
あなたっ ... お疲れさんっ ....




あの日から、


長かったような、短かったような。










.... あなたの、生命が消えた。


闘病生活が、幕をおろした。








伝えたいことも、
8人でやりたいことも、
まだまだいっぱいあったのに







それを神様は、


許してくれへんかった。










.... けどな、??




8人であなたの最期を迎えられたことだけは、


あなたにとって、幸せな最期やったと

思いたい。







神 山
神 山
っ、、あなたっ、最後まで頑張ってくれてっ、ありがとうっ、
小 瀧
小 瀧
いやっ、、嫌やっ、、!!!!
桐 山
桐 山
望、



あなたの頭を優しく撫でる神ちゃん。

泣き崩れる小瀧をなだめる照史。

下唇を噛みしめて、静かに涙を流す3人。











重 岡
重 岡
... ありがとう、俺らと出会ってくれて、。
重 岡
重 岡
、、、ほんならまたっ、、来世でな、。




目を閉じれば、浮かんでくるのは

全部あいつとの思い出ばかり。






どれも昨日のことのように鮮明にでてきて、

懐かしさや悲しみで出てくる涙を

抑えることはできひんかった。








、、、ごめんな、あなた。


明日から笑うからっ、、、ゆるして、??































ドクンッ









重 岡
重 岡
え、、、、、
重 岡
重 岡
っ、、、あなた、、?
中 間
中 間
、、、しげ、??
重 岡
重 岡
っ、、濵ちゃんっ、、
重 岡
重 岡
救急車っ、、よんでっ、!!!、
藤 井
藤 井
え、、、?なんで、、
濱 田
濱 田
っ、わかった、、、。







あなた。





俺はずっとお前のことが大好きや。






プリ小説オーディオドラマ