第153話

残 さ れ た 時 間 は 。
2,872
2021/05/08 09:18



さっきまでとは違い、物音一つもない静かな雰囲気。




... いや、こういう雰囲気にしたいわけとちゃうけど、

誰もが放心状態やった。


小 瀧
小 瀧
... ごめんっ、、
小 瀧
小 瀧
起きれへんくてっ、、、ごめんっ、
中 間
中 間
... 俺も。あなたが苦しんどる時に、呑気に寝とってごめん、
神 山
神 山
... みんなは悪ないよ、
濱 田
濱 田
っ、あなたごめんなぁ、??
濱 田
濱 田
しんどい時に、傍におってやれんくてっ、
藤 井
藤 井
っ、、、


あの後、救急車がきて担架に乗せられたあなた。


いつもなら怖いよって、俺の手握り返してくれるはずやのに

あの時のあなたはびくともせーへんかった。



ただただ、まるでお人形さんかのように

目を閉じたまま、救急隊員にされるがままやった。





桐 山
桐 山
、、、しげ、大丈夫やろか、


あなたにつきっきりのしげ。

だいぶ時間がたった今でも救急車の中で、あなたに声をかけ続けてるんやろか。


神 山
神 山
ぁ、、のんちゃん、
小 瀧
小 瀧
、、ん、?
神 山
神 山
... これ、


俺がのんちゃんに差し出したのは、

クマのぬいぐるみ。

小 瀧
小 瀧
え、、これ、
神 山
神 山
あなたな、意識なくなる寸前までこのクマのことずっと抱きしめててん。
神 山
神 山
、、、相棒、、やからとちゃうかな、




" 入院中寂しいやろうから、相棒あげる "


" ありがとう!!"



小 瀧
小 瀧
っ、、、あなたっ、、、(泣)
中 間
中 間
良かったなぁ、のんちゃん
濱 田
濱 田
望の気持ち、ちゃんと届いてるやん!


ぬいぐるみを抱きしめながら泣き崩れたのんちゃんに近づき、

背中をさする淳太と濵ちゃん。








、、、あかん、俺まで泣いてしまいそう。




















ガチャッ










藤 井
藤 井
、、しげ、??
重 岡
重 岡
、、ただいま、


虚な顔で俺らの元へ帰ってきたしげ。


桐 山
桐 山
あなたは、、、?
重 岡
重 岡
、、うん、、無事やで。
神 山
神 山
良かった、、
重 岡
重 岡
、、でも、
重 岡
重 岡
今、ICUや。
重 岡
重 岡
もう、、、あなたに残された時間は、、、




やめて、しげ。






そんな泣きそうな顔で、あんな残酷なこと









言わんとってっ、、、











重 岡
重 岡
一週間が、、、限界やっ、、、




プリ小説オーディオドラマ