無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

ガチもんのヤバいやつ
33
2022/05/23 09:25
ぴくと
てかさ
あなた
ん?
ぴくと
呼ばれてんなら行きなよ
あなた
嗚呼、屋上?
ぴくと
うん
あなた
行くかぁ
あなた
じゃあ行ってくるわ
ぴくと
気をつけて
あなた
おっけ








あなた
入っていいんかな?
あなた
スゥぅぅぅ
らっだぁ
ねぇ
あなた
え?
完全に気配を消していた
しかもこの声
らっだぁ
きみさ
らっだぁ
俺と付き合ってよ
その声は確かに聞き覚えがあった
そいつは僕を
過去のらっだぁ
醜い
そう言ったやつだ
らっだぁ
ねぇ
らっだぁ
答えてよ
怖い
こんなことを思ったのは母がしんだ時以来だ
逃げろ
あなた
本能がそう言っている
らっだぁ
は?
とにかく逃げろ!
僕はそのままこいつらっだぁを突き飛ばして走った
らっだぁ
うわっ
あなた
はぁはぁはぁはぁ
逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ
走れ走れ走れ走れ走れ走れ走れ走れ走れ走れ
背後を向いちゃダメだ





きんとき
あの、大丈夫ですか?
あなた
え?
僕が顔を上げるとそこにいたのは
爽やかイケメン君だった
あなた
うわっ
いや顔ちっか
あなた
ハァぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
きんとき
え?本当大丈夫ですか?
あなた
あ、すいまs
、、、え?
僕はこの子の眼の奥にあったモノを見逃さなかった
それは紛れもない
下心恋をする目だった
あなた
やばい
きんとき
どうしました?
あなた
いやこの後習い事なのでじゃあ
きんとき
はい
きんとき
さよなら!


、、、スゥぅぅぅ
怖かったああああああああ
あなた
はよぴくとんとこ行かなきゃ
きんとき
(ぴくとって誰?)