無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

もしかして
29
2022/05/23 12:23
あの後輩くんの下心は僕に向けたモノなのだろうか
あの野郎らっだぁは本当に本気で言ったのだろうか
もしかしたら後輩君は他に好きな子がいるんじゃないだろうか
あの野郎は罰ゲームか何かで告白したのだろうか
そうでなきゃ前醜いって言ったやつに告白なんかしないよな
それとも僕が引きずりすぎなのだろうか
らっだぁ
ねぇ
あなた
え?
らっだぁ
君さなんで逃げたの?
あなた
あ、あ
らっだぁ
答えてよ
らっだぁ
、、、はぁ
らっだぁ
じゃあ君にとって有益な情報をあげるよ
あなた
は?
らっだぁ
君の母親をやったころしたのは君のお父さんで
らっだぁ
君のお父さんは今、
らっだぁ
この世にいないしんだ
あなた
え?
あなた
なんで?
なんでこいつがそれお母さんがしんだことを知っているのか
お父さんがもうこの世にいないのか知っているのかがわからなかった
ニュースにもなっていないのだから
そんなことを知っているのかが不思議で
怖くて
自然と頬に生暖かい水が触れるのがわかった
泣いてる
僕はどれだけ
殴られても
罵倒されても
見捨てられても
裏切られても
全く泣かなかったのに
なんでこいつの前で
こいつの一言で
こんなに涙が出てくるの?
らっだぁ
泣いてるとこもカワイーネ
あなた
怖い
らっだぁ
どうシタノ?
あなた
こないで
らっだぁ
ヒドイヨ
ドンっ
反射的にこいつを押し倒してしまった
僕は恐怖と人を押し飛ばした罪悪感でいっぱいになりながら
はしった