無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

おいこら大先生
gr
とりあえず部屋を用意したから今日はそこで寝るんだゾ!
You
You
うっす()
ーーーーーーーーーーー夕飯とか飛ばして(またいつか食事シーン書きます←)
寝よ…
You
You
おやすみぃ…
〜数分後〜   ガチャ…
ut
あなたちゃん?(小声)
You
You
鬱さんちっす。どったんすか
ut
一緒に寝る?
You
You
はいぃ………zzZ(適当)
ut
…♪(無防備やなぁ……)
ut
……(あなたちゃんを後ろから抱く)
You
You
ぐえっ(今大先生の抱き枕状態)
ut
しーっ…皆来てまうで?オレが危ない((小声))
You
You
いや俺が危ないは草
ut
眠いやろ?はよ寝ぇや?
You
You
ぅん……zzZ
ーーーーーーーーーーー朝
zm
朝起こしにいったら大先生おらんかったんやけど!?
tntn
はぁ?
shp
もしかしたらあなたさんの部屋かも……
zm
俺行って来る。
tntn
おう……
ガチャ
zm
大先生おるか
ut
しーっ。あなたちゃん起きてまうやろ?
zm
とんとーん!!
ut
ゾムさん!?
You
You
朝か?って鬱さん!?
tntn
おー?大先生〜?何やっとんのや〜?(粛清剣を片手に)
ut
いや、これはですね💦
You
You
鬱さんが夜急に入ってきて俺を抱き枕にしました←
tntn
よっしゃ大先生書類増やすわ
ut
あっ…()
tntn
先に粛清な?( ^∀^)
ut
あっ…()
zm
……
ーーーーーーーーーーー皆があなたの部屋から出た頃
zm
大丈夫か…あなた…
You
You
え、あ、大丈夫…
zm
……(あなたにハグ)
You
You
ゾムさん…?(困惑)
tntn
ゾム!!あなたちゃん!!ご飯やで!!!
zm
はよ行くで…//
You
You
はい…
急に抱いたりビックリした…
でも…心開いてくれた証拠…?
まぁいいや。ご飯食べよ!