無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第70話

じょんぐく
じょんぐく
お前さ、
じょんぐく
じょんぐく
今日
じょんぐく
じょんぐく
俺と2人で出かけると思ってただろ?
(なまえ)
あなた
、、はい、
じょんぐく
じょんぐく
俺のためにそんなお洒落したの?
(なまえ)
あなた
へっ、、
じょんぐく
じょんぐく
いっつも結いてる髪下ろして、
じょんぐく
じょんぐく
ふわふわに巻いて
そういって髪を触ってくるじょんぐく先輩
(なまえ)
あなた
っ、ちょっ、
じょんぐく
じょんぐく
いっつもしてないメイクもして
次は頬、そして唇を触ってくる
(なまえ)
あなた
じょ、じょんぐく先輩、、?、
やばい、心臓壊れそう、、
じょんぐく
じょんぐく
ミニスカはいて、
じょんぐく
じょんぐく
こんなの誰にも見られたくないっ(ボソッ
じょんぐく先輩の言葉はしっかり私の耳に入ってきた








意味を理解した途端









ボワッと体が熱くなっていく










その時ちょうど一周が終わった










寂しい、、










そう思った、









そしたら、じょんぐく先輩は私の心を見たかのように










もう一周しよっか、と言った










next







今回ちょっとドキドキしますか、?
はたしてドキドキをかけてるのか、🤪