無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第87話









だって、同じクラスになっちゃったんだもん









焦りと絶望でいっぱいだった










そんな私に差し込んだ光だった









(なまえ)
あなた
こ、こんにちは、




第一印象は、おどおどしてるなだった









でも、なぜか、










『この子と仲良くなりたい』










なぜだか、わからないけど









そう思った














首謀犯にばれて、ちょっかい出された時もあったけど









いつもあなたが助けてくれた










私より小さい体で、でも私より強くて










前に立って守ってくれた










いつしか、ちょっかいはなくなって










今年はその子とクラスも離れた










あなたは私のヒーローであり










いや、もっと大切な存在、








うな過去終わり







next