無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第82話

てひょん
てひょん
っ!
てひょん
てひょん
あなたちゃん!!
(なまえ)
あなた
あ、てひょん先輩こんにちは🌞
てひょん
てひょん
こんにちはー😄
てひょん
てひょん
って、何この謎メンㅋㅋ


それは私達が1番思ってるのよてひょん先輩←














もうこのままだと進まないんで、あなたいっちゃいます!(え









(なまえ)
あなた
わ、私!
(なまえ)
あなた
てひょん先輩に話したいことがあって!
てひょん
てひょん
え、俺?
(なまえ)
あなた
てことで、来てください!



そう言って、てひょん先輩の手を引き歩き出しました(は









振り返りながらうなを見ると









え、あなたなんで行くの行かないで私死んじゃうじょんぐく先輩と2人で話せないよ助けてアイス奢らないよ









って言ってる目してたけど、









置いていきました←





next








あなたちゃん鬼ㅋ