無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

*ーーーー
パチッ…




私は目を開いた。


メイド:麼夜
メイド:麼夜
お嬢様。おはようございます。
紅笆
紅笆
お、おはよう…
メイド:紗夜
メイド:紗夜
あら?何だか怯えてらっしゃいますね。大丈夫ですか?
やっぱり死んでない…
壁に掛かっている時計を見た。
紅笆
紅笆
…あれ?時間…夢の世界と同じ…
おかしなことに、夢と現実は時間が平行していた。
メイド:麼夜
メイド:麼夜
今日、朝からおかしくないですか?
紅笆
紅笆
そんなことないわよっ?!
メイド:紗夜
メイド:紗夜
何かあったら言ってくださいね。
紅笆
紅笆
う、うん…
言えるわけないじゃない…
だって…あなた達は…




死んでいたのだから…
おはよう。紅笆。
紅笆
紅笆
っ!?お、おはようございます。
お母様もやっぱり死んでない…
どうしたんだ、紅笆。
お父様も…
紅笆
紅笆
なんでもないわ。
そうよ…やはりあれは夢だったのよ。
全て、夢だったのよ。