無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,055
2021/02/20

第14話

喧 嘩 ①
あなた s i d e .


も う 今 回 は 許 せ な い 。


あなた「 悟のばぁーかっ!もういいもんっ!! 」



悟「 あなたっ!!待って! 」



あなた「 やだ!!もういい! 」


こ う な っ た の は 1 0 分 前 の 出 来 事 、


わ た し は 用 事 が あ っ て 街 に 出 か け て い た 。


そ こ に 悟 が い た ん だ け ど 、女 の 子 と 歩 い て た ん だ 。


家 に 帰 っ て 悟 に 聞 い た ら



悟「 え?見間違いじゃない? 」


っ て 言 わ れ た 。



あなた「 だってわたし見たんだもんっ! 」



悟「 だから、見間違いじゃないの? 」



あなた「 違うんだってば!! 」


っ て 事 が あ っ て 今 に 至 る 。



今 は 家 に 出 ま し た 。


も う 怒 っ た か ら ね !


傑 の と こ に 行 く し ?



あなた「 すーぐる!!開けて!! 」



傑「 あなた?どうしたんだい? 」



あなた「 泊めて!!!! 」



傑「 は?悟は?というかその荷物はなんだい? 」



あなた「 詳しいことは後で!!とりあえず泊めて? 」



傑「 いいよ、中入って 」


優 し い ! ど っ か の 誰 か と 違 っ て ね 、



あなた「 ありがとうニコッ 」



傑「 で、どうしたんだい? 」



あなた「 …悟と喧嘩した。 」



傑「 …ああ。理由は? 」



あなた「 悟が女の子と歩いてた。 」



傑「 は? 」


浮 気 さ れ た の か な あ と ぎ こ ち な い 笑 顔 で 傑 に 言 う 。



傑「 泣いているのかい? 」



あなた「 あ、れ?おかしいなあ、大丈夫って思ってたのに 」



傑「 あなた、無理して笑うな。 」



あなた「 無、理してなんか…、 」


わ た し は 無 理 を し て な い '' は ず '' 。



傑「 あなたは分かりやすいんだ、あのね、泣きたい時は泣いていいんだよ。 」



あなた「 …ほんとは女の子といて欲しくなかった、悟の中で一番が良かった。はは、嫉妬だよ。 」



傑「 そっか、 」


傑 は い つ も 相 槌 を 打 ち な が ら 話 を 聞 い て く れ る 。



あなた「 …わたしは強がってたのかもしれない。 」


自 分 に 甘 え て た の か な 、



傑「 あなたは偉いよ、十分頑張っているさ。 」



あなた「 …!そっか、ありがとう 」



傑「 うん、」



傑「 悟に電話でもするか、」



あなた「 …、、 」


ち ょ っ と 心 配 。



傑「 大丈夫さ、悟とちゃんと話せば 」



あなた「 うん、ありがとうニコッ 」



傑「 よし、電話するか、ってあなた寝ちゃったな 」




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

傑 s i d e .


傑『 もしもし悟? 』



悟『 あなた居る!? 』



傑『 居るさ、今は寝てるよ 』



悟『 迎えに行く、 』



傑『 ちゃんと話すんだよ。 』



悟『 ああ、 』





┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


💡: 作 者 見 事 に 風 邪 ひ き ま し た 😹