無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

672
2021/03/01

第25話

リ ク ②
悟 s i d e .


「 あなた〜〜! 」



「 どこにいるんだい? 」



「 任務って確か…特級呪霊3体って言ってたような… 」



「 それはやばいね。早く助けないと命が危ない。 」



「 あなたここら辺で戦ったみたい。 」


ど こ に い る ん だ 。



「 ねえ、あれって・・・あなたじゃないかい? 」



「 あなたっ!あなた! 」


意 識 が な い 。


早 く し な い と ・・・



「 悟、焦るな。先に高専に行ってくれ。私は特級倒してから戻る。 」



「 傑… 」



「 悟は早く行け。大丈夫だから。 」



「 ありがとう。 」



┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



「 硝子!あなたが危ない! 」



「 あなたが・・・!?今すぐ治療する! 」



「 お願い… 」



「 治療は終わった。2日くらいは眠っていると思う。 」



「 そっか。ありがとう。 」


助 か っ て よ か っ た 。



「 んん・・・ 」



「 あなた!? 」



「 ん〜悟?おはようニコッ 」



「 あなた〜〜ギュッ 」



「 僕はずっと心配してたんだからね!?あなたが死んだらどうしようって!! 」



「 悟を置いて死んだりなんかしないよっ! 」


か わ い い 。す き (唐突)



「 そうだ、みんなを呼んでくる!」



┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



「 あなたが目を覚ました 」



「 あなたさんが!? 」



「 大丈夫なのか? 」



「 ツナツナ 」



「 なんとか命を取り留めたよ。 」



「 ということでっ!誕生日祝うよ☆ 」



「 いや休ませてあげましょうよ・・・。 」




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



話 ご ち ゃ ご ち ゃ で 申 し 訳 な い で す 🙇🏻