無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

俺にする?
帰り道
You
You
本当にごめんね、ミンハオ…
ミンハオ
ミンハオ
いいよ、あの先輩嫌な予感してたから、これからも気をつけるんだよ?
You
You
うん!気をつける!
次の日
You
You
あ、今日委員会の仕事だから早めに教室行かないと!!ミンハオに今日一緒に行けないって連絡しておかないと…



教室
You
You
おはよー…って誰もいないか。笑
しばらく作業を進めていたら
スニョン
スニョン
あなたちゃん!
You
You
あ、スニョン先輩!おはようございます!
スニョン
スニョン
おはよう!何してるの?
顔近い…
You
You
えっと、委員会でプリントまとめないといけなくて、今日早めに来たんです
スニョン
スニョン
じゃあ、ミンハオ?って子はいないの?
You
You
そうなんですよ、だから1人で行くの寂しかったんです笑
スニョン
スニョン
そっか。笑
スニョン
スニョン
てか、ここのグラフ間違ってない?
You
You
えっ?
スニョン
スニョン
ここがさ…
隣の席に座って、めっちゃ顔を近づけてくる。
You
You
せ、先輩っ…////
スニョン
スニョン
ん?
ニヤニヤしながら顔を近づける先輩。
You
You
顔、近い…です////
スニョン
スニョン
照れてるの??可愛い〜笑
そう言って私の頭をぽんぽんする。
スニョン
スニョン
じゃあ、ここのグラフはこう書いてみたらどう?
そう言いながら私の足をスリスリしてきた。
一緒体がピクっとなった。
You
You
やっ、やめてくださいっ…////
スニョン
スニョン
何が?こうやってやるのを?
そう言って下をいじり始めた。
You
You
あぁ〜♡////
スニョン
スニョン
ほら、声抑えないと聞こえちゃうよ?
You
You
ふぅっ、あ♡
必死に口を抑えた。
いい所ばっかりいじるから、腰が1回1回跳ねてしまう。
スニョン
スニョン
ねえ、ミンハオって子よりもさ、
俺にしないの?
急な告白だな。と思いながらも
やっぱり先輩の指は止まらなくて、
頑張って声を出した。
You
You
みんっ、はおが、いい、////
スニョン
スニョン
ふーん。
やっと指を止めてくれた。
スニョン
スニョン
ま、いつか俺のものになると思うよ?笑
そう言って手を振りながら教室から出て行った。


























ウジ
ウジ
スニョン、どうだったの?
スニョン
スニョン
俺にしない?って言ってみたら
震えながらミンハオがいい、だって。笑
ウジ
ウジ
ふーん。
ウジ
ウジ
あなたちゃんは俺のだし。
スニョン
スニョン
さあ、どうだろうね?笑


























,
↑R18ランキング、2位に上がっていました、
ありがとうございます^^

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

THE17
THE17
地球に住んでるCARATです。 フォローするメリットは考えてるけど多分無いです。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る